【サッカー】第101回天皇杯決勝は12月19日に国立競技場で開催

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

日本サッカー協会(JFA)は9月9日、「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会」の準決勝、決勝の日程を発表した。準決勝は12月12日に開催(会場未定)。決勝は12月19日に国立競技場で行われる。なお、準決勝の会場および準決勝・決勝のキックオフ時刻は、決定次第発表される。

第101回天皇杯は現在、1試合を除き4回戦(ラウンド16)が終了。ベスト8には前回大会覇者・川崎フロンターレ(J1)のほか、ジュビロ磐田(J2)、セレッソ大阪(J1)、鹿島アントラーズ(J1)、浦和レッズ(J1)、名古屋グランパス(J1)、大分トリニータ(J1)が進出している。4回戦の残り1試合、ガンバ大阪(J1)対 湘南ベルマーレ(J1)は9月22日に実施。準々決勝の組み合わせは、9月24日に決定する。

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会・今後の日程

  • 4回戦(G大阪vs.湘南):9月22日(水)
  • 準々決勝:10月27日(水)[予備日:11月17日(水)]
  • 準決勝:12月12日(日)
  • 決勝:12月19日(日)