【ゴルフ】伊藤園レディス:稲見萌寧が通算10勝目…年間獲得賞金争う古江彩佳は5位

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

国内女子ゴルフ・JLPGAツアー2020-21シーズン第50戦、第37回伊藤園レディスゴルフトーナメント(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)が11月12日から14日まで行われ、稲見萌寧(都築電気)が通算17アンダー、2位に9打差を付けて優勝。通算10勝目を挙げている。2位は西郷真央(大東建託)と金澤志奈(クレスコ)。今季9勝で年間獲得賞金首位の稲見を追う今季6勝、年間獲得賞金2位の古江彩佳(富士通)は、通算6アンダーで5位だった。

伊藤園レディスは千葉県長南町・グレートアイランド倶楽部(6741ヤード/パー72)で無観客開催。今季のJLPGAツアーは18日開幕の第40回大王製紙エリエールレディスオープン、25日開幕のJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを残すのみとなっている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト