Loading...
ガブリエウ

ガブリエウ・メジナ

ブラジル
チームブラジル
サーフィン
サーフィン
出場1
初出場東京2020
誕生年1993
ソーシャルメディア

バイオグラフィー

ガブリエル・メジナは、世界のサーフィン界の流れを変えるブラジリアン。

サン・セバスティアーオで生まれ、ワールド・サーフ・リーグ(WSL)で2度のチャンピオンに輝いたメジナは、エリート・サーフィン界で最も人気のある波乗りの一人だ。Instagramで870万人のフォロワーを誇るグーフィースタンス・サーファーは、サーフィン界の新世代を担う輝かしいスター。

実は、メジナは、小さな頃から険しい道のりを歩んできた。彼が初めてボードに乗ったのは、両親が離婚した後の8歳の時だった。継父のチャラオは熱心なアマチュアサーファーで、波を操りたいというメジナの情熱を刺激した。

メジナの競技人生は、非常に豊かだ。11歳の時にリップカール・グロムサーチで優勝したのを皮切りに、アマチュア、地域、国内のタイトルを次々と獲得。2011年には、ブラジリアンサーファーとしては最年少の17歳でWSLチャンピオンシップ・ツアー(CT)に出場。シーズン半ばのローテーションでツアーに参加したにもかかわらず、メジナはルーキーシーズンを前例のない2大会で優勝して終え、良い波に乗った。

ハイフライング、アクロバティック、リップカーリングが得意な彼は、2014年にブラジリアンサーファー初のワールドチャンピオンになって歴史に名を刻んだ。その後の3年間は、トップ3に食い込み、2018年に再びチャンピオンの座を獲得した。

2014年のメディーナの優勝は、いわゆる“ブラジリアンストーム”の引き金になったと言われている。サーフィンはかつて、2つの国が支配するスポーツだった。それまでの強国はオーストラリアとアメリカだったが、メジナの登場により、CTのロスターの3分の1がブラジル人で占められるようになった。

2021年のシーズンは、2度の世界チャンピオンであるメジナが活躍している。2021年のツアーでは、2位に3回、優勝2回という成績で、同胞であるイタロ・フェレイラ(2)とフィリペ・トレド(3)を抑えてトップに立っている。

サーフィンがデビューするオリンピックの舞台で、サッカー界のスーパースター、ネイマールを親友に持つ彼が動じることはないだろう。しかし、一つだけ確かなことは、ブラジルがこのスターサーファーの活躍に注目しているということだ。

オリンピックでの結果

Athlete Olympic Results Content

You May Like