アトランタ1996より、アメリカ代表ゆかルーティン

アトランタ1996の女子体操競技団体で、“マグニフィセント・セブン”の愛称を持つアメリカ女子が、ゆか運動で競い合う。ケリー・ストルグが最終スコア9.825でローテーションをリードし、アメリカ初の女子団体金メダルに貢献した。

アトランタ1996より、アメリカ代表ゆかルーティン

アトランタ1996の女子体操競技団体で、“マグニフィセント・セブン”の愛称を持つアメリカ女子が、ゆか運動で競い合う。ケリー・ストルグが最終スコア9.825でローテーションをリードし、アメリカ初の女子団体金メダルに貢献した。