Loading...

Olympic Games Rome 1960

ローマ1960

日付August 25 - September 11
イタリア
アスリート5338
チーム83
イベント150
ローマ1960

オリンピックについて

ドラマチックな舞台

開催権返上を余儀なくされてから54年、ローマにようやくオリンピック開催のチャンスが巡ってきました。テベレ川のほとりに栄えた歴史豊かな都市では、スポーツと文化が見事に融合。古代から続く歴史を最大限に生かし、レスリングはマクセンティウスのバシリカ、体操競技はカラカラ浴場で実施されました。

ベテラン勢の活躍

デンマークのパウル・エルブストロームはセーリングのシングルハンドディンギーで4大会連続となる金メダルを獲得。ハンガリーのフェンサー、アラダー・ゲレビッチはサーブル団体で6大会連続の金メダリストに輝き、カヌーでもスウェーデンのゲルト・フレドリクソンが6大会連続金メダルを達成しました。

裸足の王者

エチオピアのアベベ・ビキラは裸足でマラソンに出場。当初まったく注目されておらず、侮蔑的なコメントを浴びていたが、凱旋門の下に設けられたゴールに誰よりも先に到達。アフリカ出身の黒人として初のオリンピック金メダリストに輝きました。

スター誕生

アメリカのカシアス・マーセラス・クレイ、のちのモハメド・アリはこの大会でライトヘビー級金メダルを獲得し、初めて世界的に注目されました。その後プロボクサーに転向し、輝かしいキャリアを送っています。

**参加国・地域数:**83

**参加選手数:**5,338(女子611、男子4,727)

**競技種目数:**150

**ボランティア:**不明

**メディア:**不明

公式賛歌

1958年、IOCはコスティス・パラマス作詩、スピロス・サマラス作曲の曲を公式オリンピック賛歌として採用することを決定しました。決定後、ローマで初めてオリンピック競技大会のために演奏されました。この曲はもともと1896年の第1回近代オリンピックのために作られたものでした。

アパルトヘイトの影響

IOCは南アフリカ政府のアパルトヘイト政策に対して不寛容の姿勢を示し、この大会を最後にして、32年間、すなわち1992年まで、同国の参加を認めませんでした。

数百万人がテレビ視聴

この大会は欧州の18カ国でライブ中継され、アメリカ、カナダ、日本では数時間遅れで放映されました

セレモニー

開会式はローマで1960年8月25日に開催。イタリア代表団(ITA)

開会宣言:

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
ローマ1960

注目アスリート

すべてのアスリート
  • ソビエト連邦ソビエト連邦
    3
    2
    1
  • ソビエト連邦ソビエト連邦
    4
    2
    1
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    -
    -
  • 日本日本
    3
    1
    2
  • リプレイ:
    ローマ1960

    ローマ1960

    オリンピックを深く知ろう

    ブランド

    ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

    ブランド

    ブランド

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル

    トーチ

    オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

    トーチ

    トーチ