Loading...

アトランタ1996

日付July 19 - August 5
アメリカ合衆国
アスリート10318
チーム197
イベント271
アトランタ1996

オリンピックについて

ドラマと悲劇

1996年大会は伝説的ボクサー、モハメド・アリが聖火台を点火する劇的な幕開けを飾りました。一方、メイン会場の隣にあるセンテニアルオリンピック公園はオリンピック関連のイベント会場だったが、この公園の警備が大きな落とし穴になってしまいました。7月27日未明、同公園で爆弾テロ事件が起こり、2人が犠牲に。負傷者も110人以上という大惨事になりました。

オリンピック初

197を数えるIOC承認の国内オリンピック委員会すべてが初めて出場した大会となりました。この大会からビーチバレーボール、マウンテンバイク、ボート軽量級、サッカー女子が初採用され、セーリングのフーベルト・ラウダシル(オーストリア)は史上初となる通算9回目のオリンピック出場を達成。同選手の初出場は1964年大会でしたが、その4年前のローマ1960でも予備メンバーに入っていました。

記憶に残る王者

陸上競技のマリー=ジョゼ・ペレク(フランス)は、200mで金メダルを獲得。さらに400mでオリンピック史上初の連覇を成し遂げ、フランス史上最も成功を収めた女性アスリートになりました。アメリカ男子のマイケル・ジョンソンも負けてはおらず、オリンピック史上初となる200mと400mの2冠を獲得。200mでは19.32秒の世界新記録もマークしました。

トルコのアイドル

ウエイトリフティングのナイム・スレイマノグル(トルコ)は、同競技でオリンピック史上初の3連覇を達成。トルコのメディアによると「彼がレストランで食事をすれば、誰も代金を請求しない。スピード違反で捕まっても罰金を科されることはなく、警察は安全運転を祈るだけ」だったという。

参加国・地域数:197

参加選手数:10,318(女子3,512、男子6,806)

競技種目数:271

ボランティア:47,466

メディア:15,108(記者5,695、放送9,413)

投票

1990年9月に東京で開催された第96回IOC総会の決選投票で、国際オリンピック委員会のメンバーは、アテネ(35票)よりもアトランタ(51票)を支持しました。

メダル

メダルを獲得した国と地域は過去最多の79。合わせて53の国と地域が金メダルを手にした。

テニス

テニスのビラグ・チュルゴー(ハンガリー)は、ダブルスにのみ出場をエントリーしていた。だが7月24日の朝、チームメートの練習をサポートしていると、シングルスのある参加者が姿を現さないため、その代役として1回戦に出場できるかどうか打診される。その時点で試合開始5分前。チュルゴーはこのチャンスを逃さず、練習着のままコートに駆けつけ、見事に勝利を収めた。

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
アトランタ1996

注目アスリート

すべてのアスリート
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    4
    -
    -
  • アイルランドアイルランド
    3
    -
    1
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    -
    -
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    -
    -
  • リプレイ:
    アトランタ1996

    すべてのリプレイ
    アトランタ1996

    オリンピックを深く知ろう

    ブランド

    ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

    ブランド

    ブランド

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル

    マスコット

    オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

    マスコット

    マスコット

    トーチ

    オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

    トーチ

    トーチ