Loading...

アテネ1896

日付April 6 - April 15
ギリシャ
アスリート241
チーム14
イベント43
アテネ1896

オリンピックについて

生まれ変わったオリンピック

第1回近代オリンピックは、古代オリンピック発祥の地ギリシャで行われました。大会には14カ国から選手が集まり、ギリシャ、ドイツ、フランス、イギリスが最多の選手を送り込みました

マラソンで歓喜

その歴史的な重要性を理由に、開催国ギリシャはマラソンでの勝利を重視。スピリドン・ルイスはマラトンの街を出発し、フィニッシュラインの手前4kmでリードを奪うと、2位に7分の差をつけて優勝。10万人の観客は歓喜の渦に包まれました

生きる意志

ハンガリーの水泳選手ハヨーシュ・アルフレードが100mと1,200mで金メダルを獲得。長距離のレースでは、泳者がボートで海に運ばれ、そこから泳いで岸に戻る形がとられました。ハヨーシュはのちに「生きたいという意志が、勝ちたいという願望を完全に上回っていた」と告白しました

近代オリンピック初代王者

1896年4月6日、アメリカのジェームズ・コノリーが三段跳で優勝し、1,500年以上ぶりのオリンピック王者となりました。コノリーは走高跳で銀メダル、走幅跳で銅メダルも手にしています。

参加国・地域数:14

参加選手数:241

競技種目数:43

ボランティア:不明

メディア:不明

開会宣言

開催国の元首によって大会開会が宣言されました

オリンピック賛歌

スピロ・サマラス(音楽)とコスティス・パラマス(歌詞)によって作曲されたオリンピック賛歌は、アテネでの第1回オリンピック競技大会で最初に演奏されました。その後、開会式ではさまざまな音楽が提供されてきましたが、1960年にサマラス/パラマスの曲が公式のオリンピック賛歌となりました(1958年のIOC総会で決定)

初の試み

公式レポートおよびオリンピック記念切手

セレモニー

アテネ1896。閉会式。メダリストのパレード。先頭はマラソン金メダリストのスピリドン・ルイス(ギリシャ)

開会宣言:

ゲオルギオス1世

聖火台点火:

オリンピックの象徴である聖火台への点火は、夏季競技大会ではアムステルダム1928で初めて採用されました

オリンピック宣誓:

選手宣誓はアントワープ1920で最初に行われました

審判宣誓:

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
アテネ1896

注目アスリート

すべてのアスリート
アテネ1896

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル