【バレーボール】ネーションズリーグ男子:日本が中国を下し2連勝…西田有志は2試合連続最多得点

6月9日に行われたFIVBバレーボールネーションズリーグ2022の予選ラウンドで、男子日本代表・龍神NIPPONが中国代表にセットカウント3-1で勝利。西田有志は両チーム通じて最多の26得点をマークした。2連勝とした日本は次戦、10日にアメリカ合衆国代表と対戦する。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

FIVB(国際バレーボール連盟)バレーボールネーションズリーグ2022は現地時間6月9日、男子の予選ラウンドを行った。ブラジル・ブラジリア開催のプール1に入った男子日本代表・龍神NIPPONは中国代表と対戦。セットカウント3-1で試合を制し、予選ラウンド2連勝とした。

日本は第1セットを21-25で落としたものの、第2セットから第4セットまで連取。前日のオランダ代表戦と同じ展開で白星を飾った。

25点を記録したオランダ戦に続き、得点源となったのは西田有志(ジェイテクトSTINGS)だった。この日は3つのサービスエースを含む26得点をマーク。両チーム通じて最多となる得点を叩き出した。今大会の得点数は51となり、2位のアラン・ソウザ(ブラジル)に15点差をつけて得点ランキングトップに立っている。

14点の石川祐希(パワーバレー・ミラノ/イタリア)、12点の髙橋藍(日本体育大学)も2試合連続で2ケタ得点を記録した。

日本は10日の次戦で、同じく2連勝中のアメリカ合衆国代表と対戦する。米国はここまでスロベニア代表、オランダ代表と対戦し、いずれもストレート勝ち。日本の実力が試される一戦となりそうだ。

■バレーボールネーションズリーグとは

VNLは、男子国際大会「ワールドリーグ」、女子国際大会「ワールドグランプリ」に代わる大会として、2018年にFIVBが設立。男女とも16チーム(コアチーム12、チャレンジャーチーム4チーム)が参加する。

従来の予選Rは1回総当たりだったが、2022年大会では各チームが3週間で12試合を戦い、順位を決定する方式が採用された。各週参加チームを2つのプールに分け、1チーム当たり4試合を実施。予選R上位8チームが進出するファイナルラウンドは、ノックアウト方式で優勝チームを決める。

VNLは毎年開催となっているものの、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で2020年は中止。2021年は感染予防のため、参加全チームをイタリアに集めて開催した。2022年は2019年以来、2大会ぶりに世界各国で予選Rを行う。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト