【ホッケー】アジア杯3日目:サムライジャパンはパキスタンを下し首位通過、W杯出場権獲得

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

インドネシア・ジャカルタ開催の第11回AHF(アジアホッケー連盟)Heroアジアカップは5月26日、グループリーグ最終戦を実施した。サムライジャパン(男子日本代表)はパキスタン代表に3-2で勝利を収め、3戦3勝でグループリーグを首位通過。さらにワールドカップ(2023年1月/インド)出場権を獲得している。

アジア杯には8チームが出場。グループリーグは4チームずつ2組に分かれて行い、各組上位2チームがSuper 4s(決勝リーグ)に進む。その後はSuper 4s上位2チームが決勝、下位2チームが3位決定戦を実施。日本の次戦は28日のSuper 4s初戦で、インド代表と対戦する。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト