【テニス】ナショナルバンクOP第9日:シモナ・ハレプがベアトリース・ハダート・マイアを破り優勝

カナダ・オンタリオ州トロントで開催のWTA(女子テニス協会)ツアー・ナショナルバンクオープンは現地時間8月14日に最終日を迎えた。シングルスはシモナ・ハレプ(ルーマニア)が優勝。ダブルスはアメリカ合衆国のジェシカ・ペグラ/コリ・ガウフ組が制している。

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

カナダ・オンタリオ州トロントで開催のWTA(女子テニス協会)ツアー「ナショナルバンクオープン(National Bank Open Presented by Rogers)」は現地時間8月14日、大会最終日を迎えた。ナショナルバンクOPのサーフェスはハードで、グレードはグランドスラム(四大大会、以下GS)に次ぐWTA1000。同名のATPツアーは、同国ケベック州モントリオールで開催されている。

■シモナ・ハレプが3度目の優勝

シングルス決勝は、2016年と2018年に同大会を制しているWTA世界ランキング15位のシモナ ハレプ(ルーマニア)と、今回が初のWTA1000ファイナル進出となるベアトリース ハダート マイア(ブラジル/同24位)により行われた。第1ゲームをハレプが取れば、第2ゲームはハダート マイアが取り返す展開。最終第3ゲームは6-3でハレプが取り、ツアー通算24回目の優勝を果たしている。

ハレプは試合後、6月にイギリスで行われたロスシー クラシック バーミンガム(WTA250)準決勝でハダート マイアに敗れていたことを踏まえ、「彼女との対戦は決して簡単ではなかった。彼女は数週間前に私を打ち負かしている。だから、私にとって良い挑戦、良い試合になると思っていた」と語った。

ダブルスはジェシカ ペグラ/コリ ガウフ組が、ニコル メリチャー(以上、アメリカ合衆国)/エレン ペレス組を破り、優勝している。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト