【テニス】シティOP第8日:西岡良仁が男子シングルス決勝進出!相手はウィンブルドン準優勝のニック・キリオス

アメリカ・ワシントンD.C.で開催されているシティオープンは現地時間8月6日、男子シングルス準決勝を行い、Tokyo2020代表の西岡良仁が勝利を収め、ATP500グレードで初の決勝進出を果たした。決勝で西岡は、ウィンブルドン2022準優勝のニック・キリオスと対戦する。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

アメリカ合衆国ワシントンD.C.で現地時間7月30日から開催されているATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)共催の「シティオープン(Citi Open)」は8月5日、大会8日目を迎えた。この日は、男女シングルスと男子ダブルスの準決勝と、女子ダブルスの決勝の4種目が実施された。

西岡良仁が優勝へ王手

Tokyo2020テニス男子日本代表を務めた西岡良仁が、本大会準決勝で第1シードのアンドレイ・ルブレフと対戦し、6−3、6−4のストレートで破って、決勝進出を決めた。

シティオープンは、ATP500グレードに分類されており、西岡がこの上位カテゴリーで決勝へ駒を進めるのは初のこと。西岡の決勝の相手は、先月(7月)に閉幕したウィンブルドン2022で男子シングルス準優勝に輝いたニック・キリオス(オーストラリア)だ。

シティオープン男子シングルス決勝は、現地時間 7日17:00(日本時間 8日6:00)より始まる。

【放送予定】

男子ダブルスでは、Nick Kyrgios(オーストラリア)/Jack Sock (アメリカ)のペアと、 Ivan Dodig (クロアチア)/Austin Krajicek (アメリカ)のペアが、それぞれ決勝進出を決めた。

また、この日行われた女子ダブルス決勝では、Jessica Pegula (アメリカ)/Erin Routliffe (ニュージーランド)のペアが優勝している。

シティオープンのサーフェスはハードで、グレードはATP500、WTA250となっている。

大会公式HPATP大会公式WTA大会HP

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト