【スケートボード】ストリート・プロツアー・ローマ最終日:中山楓奈が優勝…西矢椛、織田夢海と共に日本勢が表彰台独占

スケートボード競技ストリート種目のパリ2024オリンピック予選開幕戦「ストリート・スケートボード・ローマ2022(プロツアー)」は現地時間7月3日、決勝を実施。Tokyo 2020銅メダリストの中山楓奈が優勝し、西矢椛が2位、織田夢海が3位となって、日本代表が表彰台を独占した。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

パリ2024オリンピック予選を兼ねる「ストリート・スケートボード・ローマ2022(プロツアー)」は、イタリア現地時間の7月3日に大会最終日を迎え、女子決勝を行った。前日の準決勝で上位8選手がこの決勝に出場し、そのうち半数を超える5名が日本人選手だった。優勝したのは、Tokyo 2020銅メダリストの中山楓奈で、オリンピックのスケートボード女子ストリート初代王者の西矢椛が2位、織田夢海が3位に入り、日本勢が表彰台を独占した。

準決勝でも首位に立っていた中山は、この決勝の「トリック」セクションで、全体の最高スコアとなる91.92をマークし、トータルスコアでも準決勝での自身のスコアを上回る264.13を記録して優勝を決めた。

「自分が乗りたかった技に乗れて、すごい嬉しいです」

「(パリ2024に向けて)いろんな技を出せるように、もっと練習していこうと思います」

- 中山楓奈

2位には、トータルスコア255.64で西矢が入った。

「(今日の出来を100点満点で採点すると)100点です」

「最初から最後までひやひやしたんですけど、楽しく滑れたので100点です」

「(パリ2024に向けて)まだあんまり考えていないんですけど、これから練習して、パリに行けるように頑張りたいです」

- 西矢椛

さらに、織田が2位の西矢とわずか0.73というポイント差の254.91で、3位となった。織田にとって、国際大会でのメダル獲得は初となる。

「今まで世界の大会で表彰台に立ったことがなくて、嬉しいです」

「1位とのポイントの差があるので、また次は決勝に上がって、上位を目指せたらと思います」

- 織田夢海

このほか日本人選手では、赤間凛音が3位の織田と0.29という僅差で4位となり、吉沢恋が6位に入った。また、Tokyo 2020銀メダリストのライサ・レアル(ブラジル)は5位に終わった。

ストリート・スケートボード・ローマ2022(プロツアー)女子決勝の最終成績は以下の通り:

  1. 中山楓奈(NAKAYAMA Funa)264.13
  2. 西矢椛(NISHIYA Momiji)255.64
  3. 織田夢海(ODA Yumeka)254.91
  4. 赤間凛音(AKAMA Rizu)254.62
  5. ライサ・レアル(Rayssa LEAL/ブラジル)247.69
  6. 吉沢恋(YOSHIZAWA Coco)242.51
  7. クロエ・コベル(Chloe COVELL/オーストラリア)230.59
  8. パメラ・ローザ(Pamela ROSA/ブラジル)205.80

■出場選手(日本)

男子(8名)

  • 堀米雄斗
  • 白井空良
  • 青木勇貴斗
  • 佐々木来夢
  • 佐々木音憧
  • 松本浬璃
  • 甲斐穂澄
  • 根附海龍

女子(10名)

  • 西矢椛
  • 中山楓奈
  • 西村碧莉
  • 赤間凛音
  • 織田夢海
  • 伊藤美優
  • 吉沢恋
  • 上村葵
  • 中島野々花
  • 藤澤虹々可

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト