【スポーツクライミング】W杯マイリンゲン大会:楢󠄀﨑智亜が男子ボルダリング優勝…2位に緒方良行

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

スイス・マイリンゲン開催のIFSC(国際スポーツクライミング連盟)クライミング・ワールドカップ(ボルダリング)は現地時間4月10日、男子の準決勝と決勝を実施した。楢󠄀﨑智亜(TEAM au)が優勝。2位に緒方良行(B-PUMP)、藤井快(TEAM au)は6位となっている。

井上祐二は7位、土肥圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)は9位、高田知尭(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)は14位で、上位6名による決勝進出はならず。山口賢人(大阪学院大学)、吉田智音(奈良県立青翔高等学校)、川又玲瑛(栃木県山岳・スポーツクライミング連盟)は8日の予選で敗退となっていた。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト