【サッカー】UEL:フライブルク・堂安律が1得点で勝利に貢献|グループステージ第1節

UEFAヨーロッパリーグは現地時間9月8日、グループステージ第1節を実施した。フライブルク・堂安律が決勝点をマークし、チームの勝利に貢献している。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

UEFA(欧州サッカー連盟)ヨーロッパリーググループステージ第1節が、9月8日に行われた。

グループステージではAからHまでの8グループに4チームずつ分かれ、ホーム&アウェイの2回戦総当たりを実施する。各グループの上位1チームがノックアウトステージに進出。2位チームは、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ3位チームとのプレーオフに回る。

■堂安律が決勝点

グループGでは堂安律所属のフライブルクが、カラバフFKと対戦。堂安は先発出場した。試合は開始早々の7分に、フライブルクがPKで先制に成功。15分には堂安が得意の形から追加点を挙げる。右サイドからカットインすると、左足を振り抜きネットを揺らした。フライブルクは39分に1点返されるが、その後はリードを守り抜き、2-1で初戦を白星で飾った。グループGもう1試合では、ナントがオリンピアコスを2‐1で下している。

■久保建英所属のソシエダはユナイテッド撃破

グループEでは、レアル・ソシエダの久保建英が先発出場。敵地オールド・トラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦したソシエダは、後半にブライス・メンデスが決めたPKによる1点を守り抜き1-0で白星スタートとした。

グループAのアーセナルは、2‐1でチューリッヒを撃破。冨安健洋はフル出場でチームの勝利に貢献した。グループHのモナコはレッドスターと対戦し、1-0の勝利を収めている。先発出場の南野拓実は、57分までプレーしている。

Fixtures & results | UEFA Europa League 2022/23 | UEFA.com

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト