【9月25日】バレーボール2022女子世界選手権・日本vsコロンビアの放送予定|火の鳥NIPPONが初戦に臨む

バレーボールの2022女子世界選手権が9月23日より、ポーランドとオランダで開催される。日本代表・火の鳥NIPPONは25日、大会初戦でコロンビア代表と対戦。ここでは放送予定を紹介する。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

FIVB(国際バレーボール連盟)女子世界選手権が9月23日に開幕。女子日本代表・火の鳥NIPPONは25日、コロンビア代表との初戦を迎える。

■日程・放送予定

9月25日21:15(現地14:15)開始

1次ラウンド(プールD)日本 vs コロンビア

【放送予定】

地上波:TBS系列
ネット:TVer、Paravi

全日程はFIVB公式HP参照

■コロンビア戦の見どころ

第19回目を数えるFIVBバレーボール女子世界選手権。日本はこれまで3度の優勝(1962年、1967年、1970年)を誇るが、1982年以降は自国開催だった2010年の3位が最高成績となっている。

FIVB世界ランキング7位の日本は25日、同16位のコロンビアとの1次ラウンド初戦に臨む。日本とコロンビアはともに、大会直前にフランスで行われたパリオリンピックプレ大会に出場。17日に対戦し、日本がセットカウント3‐0(25-21,25-22、25-17)でストレート勝ちを収めている。世界選手権でもコロンビアを下し、幸先良いスタートを切ることができるか注目だ。

■世界選手権について

世界選手権は4年に1度開催される、バレーボール界の頂点に位置する大会。男子は1949年、女子は1952年に始まり、バレーボール界ではオリンピックをしのぐ歴史がある。大会には24チームが出場する。

1次ラウンド

1次ラウンドでは6チームずつAからDの4組に分かれ総当たり1回戦を実施。各組の最終成績上位4チーム(計16チーム)が第2次ラウンドに進む。

2次ラウンド

第1次ラウンドを突破した16チームが8チームずつE、Fの2プールに分かれて実施。2次ラウンドでは8チーム中3チームが1次ラウンドで同組だったチームとなるが、別組から勝ち上がった4チームのみと対戦する。同組3チームとは対戦することはない。各組の最終成績上位4チーム(計8チーム)が3次ラウンドに進む。

3次ラウンド

2次ラウンド同組の1位と4位、2位と3位で準々決勝を行い、勝利したチームが準決勝に進出、そして準決勝の結果に応じて3位決定戦、決勝戦が行われる。

日本代表メンバー
背番号 選手 ポジション 所属
2 内瀬戸 真実 アウトサイドヒッター 埼玉上尾メディックス
3 古賀 紗理那 アウトサイドヒッター NECレッドロケッツ
4 石川 真佑 アウトサイドヒッター 東レアローズ
5 島村 春世 ミドルブロッカー NECレッドロケッツ
10 井上 愛里沙 アウトサイドヒッター 久光スプリングス
12 籾井 あき セッター JTマーヴェラス
15 林 琴奈 アウトサイドヒッター JTマーヴェラス
19 山田 二千華 ミドルブロッカー NECレッドロケッツ
23 横田 真未 ミドルブロッカー デンソーエアリービーズ
25 小川 愛里奈 ミドルブロッカー 東レアローズ
26 宮部 藍梨 アウトサイドヒッター ヴィクトリーナ姫路
30 関 菜々巳 セッター 東レアローズ
37 宮部 愛芽世 アウトサイドヒッター 東海大学3年
38 佐藤 淑乃 アウトサイドヒッター 筑波大学3年

■出場チーム・1次ラウンド組み合わせ

プールA
チーム FIVB世界ランキング(9月22日時点)
オランダ 10位
イタリア 3位
プエルトリコ 18位
ベルギー 12位
カメルーン 25位
ケニア 30位
プールB
チーム FIVB世界ランキング(9月22日時点)
ポーランド 13位
トルコ 6位
ドミニカ共和国 9位
韓国 21位
タイ 14位
クロアチア 20位
プールC
チーム FIVB世界ランキング(9月22日時点)
アメリカ合衆国 1位
セルビア 5位
ドイツ 11位
ブルガリア 15位
カナダ 17位
カザフスタン 39位
プールD
チーム FIVB世界ランキング(9月22日時点)
ブラジル 2位
中国 4位
日本 7位
コロンビア 16位
アルゼンチン 22位
チェコ 19位

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト