【バドミントン】韓国マスターズ第4日:男子単・奈良岡功大、男子複・岡村洋輝/小野寺雅之が準決勝進出

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2018 Getty Images

BWF(世界バドミントン連盟)ワールドツアーの韓国マスターズは4月15日に4日目を迎え、各種目準々決勝を実施。日本勢では男子シングルスの奈良岡功大(IMG)、男子ダブルスの岡村洋輝/小野寺雅之(BIPROGY)が準決勝進出を決めた。女子シングルの髙橋明日香(ヨネックス)、混合ダブルスの西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)は準々決勝で敗れている。

大韓民国光州市で開催されている韓国マスターズは「Super300」で、BWFワールドツアーにおける上から5番目のグレードとなる。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト