【1月27日】W杯アジア最終予選・第7戦の日程・放送予定|W杯出場圏内キープへ、ホームで中国戦に臨む

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ(W杯)カタール2022アジア最終予選は、1月27日に第7戦を実施する。4勝2敗で2位のSAMURAI BLUE(男子日本代表)は、ホームで中国代表と対戦。ここでは同試合の放送予定を紹介する。

■日本代表戦の日程・放送予定

アジア最終予選(Road to Qatar)

SAMURAI BLUE(日本代表)対 中国代表

日時:2022年1月27日(木)19:00キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)

【放送予定】

地上波:テレビ朝日系列
ネット:DAZN

■日本代表メンバー

GK

  • 川島 永嗣(RCストラスブール/フランス)
  • 権田 修一(清水エスパルス)
  • シュミット・ダニエル(シントトロイデンVV/ベルギー)

DF

  • 長友 佑都(FC東京)
  • 酒井 宏樹(浦和レッズ)
  • 谷口 彰悟(川崎フロンターレ)
  • 山根 視来(川崎フロンターレ)
  • 植田 直通(ニーム・オリンピック/フランス)
  • 板倉 滉(シャルケ04/ドイツ)
  • 中山 雄太(PECズヴォレ/オランダ)
  • 冨安 健洋(アーセナル/イングランド)※1/23辞退
  • 中谷 進之介(名古屋グランパス)※1/23追加招集

MF/FW

  • 大迫 勇也(ヴィッセル神戸)
  • 原口 元気(1.FCウニオン・ベルリン/ドイツ)
  • 柴崎 岳(CDレガネス/スペイン)
  • 遠藤 航(VfBシュツットガルト/ドイツ)
  • 伊東 純也(KRCヘンク/ベルギー)
  • 浅野 拓磨(VfLボーフム/ドイツ)
  • 南野 拓実(リバプールFC/イングランド)
  • 守田 英正(CDサンタ・クララ/ポルトガル)
  • 前田 大然(セルティック/スコットランド)
  • 堂安 律(PSVアイントホーフェン/オランダ)
  • 田中 碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
  • 久保 建英(RCDマジョルカ/スペイン)

スタッフ

  • 監督:森保 一
  • コーチ:横内 昭展
  • コーチ:齊藤 俊秀
  • コーチ:上野 優作
  • フィジカルコーチ:松本 良一
  • GKコーチ:下田 崇

■W杯アジア最終予選

W杯アジア最終予選には、2次予選を突破した12チームが出場。6チームずつ2つのグループに分かれ、ホーム&アウェイの2回戦総当たり方式で実施される。各グループの上位2チームがW杯本大会への出場権を獲得する。各グループ3位のチームはアジアプレーオフを行い、勝者は大陸間プレーオフに進む。

1998年フランス大会でW杯初出場を果たした日本は、2018年ロシア大会まで現在6大会連続出場中。2022年カタール大会では2次予選を8戦全勝で突破しており、7大会連続7度目の出場を目指す。

グループA順位表(勝点、得失点差)

  1. イラン 16 +9
  2. 韓国 14 +6
  3. アラブ首長国連邦(UAE)6 -1
  4. レバノン 5 -2
  5. イラク 4 -6
  6. シリア 2 -6

グループB順位表(勝点、得失点差)

  1. サウジアラビア 16 +6
  2. 日本 12 +2
  3. オーストラリア 11 +5
  4. オマーン 7 -1
  5. 中国 5 -4
  6. ベトナム 0 -8

10試合で争われれアジア最終予選、日本は6試合を消化して4勝2敗勝点12で、ストレートでのW杯出場圏内となる2位につけている。首位のサウジアラビアとは勝点差4、3位のオーストラリアとは勝点差1。2月にはサウジアラビア、3月にはオーストラリアとの直接対決を控える日本にとって、下位に沈む中国との対戦は何としてもモノにしたいところだ。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト