【バドミントン】世界選手権1日目:西本拳太、渡邉航貴が男子シングルス1回戦を突破

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

第26回世界バドミントン選手権大会が現地時間12月12日、スペイン・ウエルバで開幕した。大会初日は各種目1回戦の前半が行われ、男子シングルスでは西本拳太(岐阜県バドミントン協会)、渡邉航貴(日本ユニシス)が2回戦に進出。女子単では大堀彩(トナミ運輸)が初戦敗退となった。

男子ダブルスでは、竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)がイタリア組に勝利。混合複の山下恭平/篠谷菜留(NTT東日本)は不戦勝で次戦にコマを進めている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト