【テニス】大坂なおみが全豪OP前哨戦に出場

男女ともに2大会に分けて開催

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2020 Getty Images

テニスのグランドスラム・全豪オープン(メルボルン/2月8日開幕)の主催者は1月7日、同大会前哨戦の出場者を公式ホームページ上で発表した。女子の前哨戦には、WTA(女子テニス協会)シングルスランキング上位50人中49人が出場を予定しており、大坂なおみ(3位/日清食品)も名を連ねている。

全豪OP前哨戦は、男女とも2つの大会に分けて1月31日から2月6日にメルボルンで開催される。女子は大坂のほか、アシュリー・バーティ(1位/オーストラリア)、セリーナ・ウィリアムズ(11位/アメリカ)らが出場予定。「WTA500メルボルン」2大会とも本戦はシングルス64選手、ダブルス32組によるトーナメント制によって行われる。シングルスの出場選手は、ランキング上位32位までの選手を2大会に分け、残りの選手は抽選で割り振られる。

男子の前哨戦「マレー・リバー・オープン」「グレート・オーシャン・ロード・オープン」(ともにATP250)は、国別対抗戦・ATPカップ(メルボルン/2月1日開幕)と並行して開催される。ATP(男子プロテニス協会)シングルスランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、同2位のラファエル・ナダル(スペイン)らはATPカップへの出場を予定。錦織圭(41位/日清食品)や西岡良仁(57位/ミキハウス)もATPカップに参加する。

全豪OP前哨戦・出場予定選手:男子女子