大坂なおみ/OSAKA Naomi

日本 JPN

テニス

  • 出場
    1
  • 初出場
    東京2020
  • 生年
    1997年
オリンピック実績

経歴

大坂なおみ/OSAKA Naomi

大坂なおみの誕生日と年齢

大坂なおみは幼い頃にアメリカ合衆国へ渡り、2013年にプロに転向。これまでグランドスラム(テニス四大大会)を4度制している。ここでは年齢、身長、体重から成績までプロフィールをまとめて紹介する。

1997年10月16日生まれ。大阪府大阪市出身で、ハイチ系米国人の父親と日本人の母親を持つ。3歳の時に米国ニューヨークに移り、現在はロサンゼルスを拠点に活動している。2019年10月に22歳の誕生日を迎えた大坂は自身のインスタグラムで、「まだまだ成長しなければならないことがたくさんあります。応援してくれてありがとう」とファンに英語でメッセージを送った。

身長、体重、世界ランキング

大坂の身長は180cm、体重は69kg(公式サイトより)。2019年1月28日付けの世界ランキングで1位となった。現在はベルギー人のウィム・フィセッテ氏がコーチを務める。フィセッテ氏は2020年8月に自身のインスタグラムで、大坂との2ショット写真を公開し、「NYへ行く前に、LAで最後のトレーニング」と近況を報告した。

大坂なおみの成績…2016年にWTAツアーで初の決勝進出

2013年に15歳でプロに転向した大坂は、2016年1月の全豪オープンで予選を突破し、グランドスラム本戦に初出場。3回戦に進出した。その後、全仏OPや全米OPでも3回戦まで勝ち進んだ。同年9月の東レ パン・パシフィックOPでは、WTA(女子テニス協会)ツアーで初めて決勝まで勝ち上がった。日本人としては伊達公子以来、21年ぶりの決勝進出だった。同年10月には日本勢として初めてWTA最優秀新人賞に輝いている。

2018年全米オープン、2019年全豪オープンで優勝

その後2017年7月のウィンブルドン、8、9月の全米OPは、いずれも3回戦まで駒を進める。2018年1月の全豪OPはベスト16入り。同年3月のBNPパリバOPでWTAツアー初優勝を飾る。同年8、9月の全米OPでも優勝し、日本人として初のGSシングルス優勝を達成した。2019年1月には全豪OPで優勝し、男女を通じてアジア初のシングルス世界ランキング1位に上り詰めた。同年9月に行われた東レ パン・パシフィックOPで優勝した後、同年9、10月のチャイナOPでも優勝してツアー通算5勝目を挙げている。

2020年全米OP、2021年全豪OPで2度目の優勝

2020年1月、ブリスベン国際は準決勝で敗れ、全豪OPは3回戦でアメリカの15歳コリ・ガウフに敗戦。2月の国別対抗戦フェドカップは1回戦でスペインのサラ・ソリベストルモに敗れて涙を流した。しかし同年の全米OPで同大会2度目の優勝を果たし、2021年の全豪OPでも優勝している。

グランドスラムの成績

  • 2016年 全豪:3回戦 全仏:3回戦 ウィンブルドン:- 全米:3回戦
  • 2017年 全豪:2回戦 全仏:1回戦 ウィンブルドン:3回戦 全米:3回戦
  • 2018年 全豪:ベスト16 全仏:3回戦 ウィンブルドン:3回戦 全米:優勝
  • 2019年 全豪:優勝 全仏:3回戦 ウィンブルドン:1回戦 全米:ベスト16
  • 2020年 全豪:3回戦 ウィンブルドン:- 全米:優勝 全仏:-
  • 2021年 全豪:優勝 全仏:2回戦 ウィンブルドン:- 全米:3回戦

WTAツアー優勝

  • 2018年3月 BNPパリバOP
  • 2018年8、9月 全米OP
  • 2019年1月 全豪OP
  • 2019年9月 東レ パン・パシフィックOP
  • 2019年9、10月 チャイナOP
  • 2020年9月 全米OP
  • 2021年1月 全豪OP

WTAツアー準優勝

  • 2015年11月 EAホアヒンWTA125シリーズ
  • 2016年9月 東レ パン・パシフィックOP
  • 2018年9月 東レ パン・パシフィックOP
  • 2020年8月 ウェスタン&サザンOP

※記事内の情報はすべて公開時のものとなります

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト

オリンピック実績

続きを見る
オリンピック実績
結果 種目 競技

東京2020

#=9
Women's Singles
Women's Singles Tennis