Loading...

Olympic Games St. Louis 1904

セントルイス1904

日付July 1 - November 24
アメリカ
アスリート651
チーム12
イベント95
セントルイス1904

オリンピックについて

混乱

残念ながら、セントルイス1904でも1900年大会の過ちが繰り返されてしまいました。さまざまな種目が4カ月半にわたって実施され、フランスからルイジアナ準州の購入を祝福する万国博覧会の混乱の中で、大会の意義が見失われてしまいました。

初の試み

1904年の大会は、金、銀、銅メダルが1位、2位、3位にそれぞれ授与された最初のオリンピックに。さらにボクシング、レスリングフリースタイル、十種競技、ウエイトリフティングが初採用されました。

キセル・マラソン

マラソンにおいて、40kmもの大部分のコースを自動車で移動し、フィニッシュ直前で走り始めたフレッド・ローツ(アメリカ)が失格となり、同じアメリカのトーマス・ヒックスが金メダルに輝きました。

記憶に残る王者

「ミルウォーキーの流星」として知られたアーチー・ハーンは、60m、100m、200mで金メダルを獲得。200mではオリンピック新記録の21.6秒を計測し、この記録は以後28年間破られることがありませんでした。左足に木製の義足を装着していたにもかかわらず、6個のメダルを獲得したアメリカの体操選手ジョージ・エイゼルも、この大会で最も注目されたアスリートのひとりです。

参加国・地域数:12

参加選手数:651

競技種目数:95

ボランティア:不明

メディア:不明

セレモニー

セントルイス1904。陸上競技男子100mを制したアーチー・ハーン(アメリカ)に対し、博覧会ディレクターのF・J・V・スキフから賞品としてスキフカップが手渡されました

開会宣言:

セントルイス万国博覧会会長、デイビッド・フランシス

聖火台点火:

オリンピックの象徴である聖火台への点火は、夏季競技大会ではアムステルダム1928で初めて採用されました

オリンピック宣誓:

選手宣誓はアントワープ1920で最初に行われました

審判宣誓:

オリンピック夏季競技大会での審判宣誓はミュンヘン1972で最初に行われました

セントルイス1904

注目アスリート

すべてのアスリート
  • ドイツドイツ
    2
    -
    1
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    1
    -
    2
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    2
    1
  • アメリカ合衆国アメリカ合衆国
    3
    -
    -
  • リプレイ:
    セントルイス1904

    セントルイス1904

    オリンピックを深く知ろう

    ブランド

    ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

    ブランド

    ブランド

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル