Loading...

オリンピック総括:東京2020 BMXレーシング

イギリス、オランダのメダル獲得、大会総括、パリ2024に向けた情報などを紹介。

1 By OTV Japanese Takayuki
Kye Whyte Beth Shriever medals
(写真: 2021 Getty Images)

東京2020でのBMXレースは、有明アーバンスポーツパークで予想通りの盛り上がりを見せた。

女子では、イギリスのベス・シュリーバーが、コロンビアのマリアナ・パホンを抑えるサプライズを果たし、コロンビア選手によるオリンピックタイトルのハットトリックを阻止した。

男子では、ニク・キムマンが、トレードマークであるアウトサイドゲートからの高速スタートを決め、同競技が北京2008でデビューして以来、オランダに初の金メダルをもたらした。

リオ2016のチャンピオンであるコナー・フィールズは、準決勝で激しいクラッシュを起こして怪我を負ったが、1週間の入院を経て順調に回復している。

彼のユーモアのセンスは、彼を見捨てていないと言うことなのだろう。

リオで女子銀メダルを獲得したアメリカのアリーズ・ウィロビーも準決勝で敗退。

メダルは、イギリス、オランダ、そしてカルロス・ラミレスが2大会連続で銅メダルを獲得したコロンビアの3国がそれぞれ2個ずつ獲得した。

最も印象的な場面を振り返り、メダル獲得者とともに、パリ2024で注目すべき選手を紹介したい。

Kimmann Whyte gold
Kimmann Whyte gold (2021 Getty Images)

東京2020 BMXレーシング トップ5の瞬間

2021年に開催された東京2020のハイライトを紹介。

1: パホンが見事な走りを披露

マリアナ・パホンは優勝こそ逃したが、今回のオリンピック、いや、これまでのオリンピックの中で最も素晴らしい走りを見せてくれた。

準決勝の第1ヒートでは、ゾエ・クラエサンとアリーズ・ウィロビーが転倒したため、パジョンは6位に後退した。

最後のストレートでも4位に甘んじていた彼女は、最終コーナーで外から飛び込んでトップに立ち、そのまま勝利。

BMXの女王と呼ばれる実力を証明した。

2:キムマンの快挙

男女ともにBMXレースのトップ国であるオランダながら、これまでオリンピックで金メダルを獲得したライダーがいなかったのは意外だった。

現役の世界チャンピオンであるトワン・ファン・ヘントが優勝候補だったものの、ニク・キムマンが実力を示した。

多くのライダーがスタート時にインサイドに位置することを好む中、キムマンは通常、8番ゲートの外側に位置し、第1コーナーに最初に到達する。

2015年の世界チャンピオンであるキムマンは、決勝で見事な逃げ切りを見せ、終盤のキー・ホワイトの追い上げを退けて金メダルを獲得。

キムマンは、トレーニング中にコースを横切るタイミングを間違えてオフィシャルにぶつかってしまい、膝を痛めた。それを考えると、この成功はさらに注目に値する。

3:シュリーバーが完全支配

2017年にジュニア世界チャンピオンとなったシュリーバーは、2018年5月にゾルダーで開催されたスーパークロス・ワールドカップイベントで優勝し、その実力を証明。

ヴェローナで開催された今年のワールドカップ開幕戦、22歳の彼女は土曜日の決勝に進出できず、日曜日には5位に終わった。

オリンピックの金メダリストの実力とは言え難かったが、シュリーバーは東京を完全に支配した。

準々決勝の最初の2ヒートで勝利し、3ヒート目では3位に入り、すでに準決勝への進出を決めていた。

チームメートのキー・ホワイティが銀メダルを獲得した後、シュリーバーはラインを越えて大声で応援していた。

Shriever Pajon gold
Shriever Pajon gold (2021 Getty Images)

4: イギリスから2人がメダリストに

イギリスは過去3回の大会でBMXレースのメダルを獲得できなかったが、シュリーバーとホワイトは逆境をものともせず、見事に大役を果たした。

イギリスのスポーツ界は、リオ2016大会以降、女子BMXライダーへの資金援助を削減することを決定。シュリーバーは保育園でパートタイムで働きながら、クラウドファンディングで大会出場に必要な資金を集めた。

ブリティッシュ・サイクリング社のパフォーマンス・ディレクターであるスティーブン・パーク氏は、シュリーバーの才能を見抜き、東京への道のりをサポートするよう、UKスポーツを説得。

男子銀メダルのキー・ホワイトも、ロンドンのインナーシティ、ペッカム地区の団地出身という意外な経歴の持ち主だ。

ギャングの犯罪が多いこの地域で、兄のトレと一緒にペッカムBMXクラブを見つけ、技術を磨いた。

トレは2014年の世界選手権で銅メダルを獲得したが、キーは最大の舞台でさらに良い結果を残した。

元世界チャンピオンのシャネーズ・リードは先駆者だったかもしれませんが、シュリーバーとホワイトの成功は、トラックやロードより都市部の子どもたちにとって身近なスポーツであるBMXサイクリングを英国でブームにするきっかけになるかもしれません。

5: メレル・スムルデス、姉ローラの影から抜け出す

大会前、ローラ・スムルデスは、オリンピック3連覇を目指すマリアナ・パホンにとって最大の脅威と見られていた。

ローラはロンドン2012で銅メダルを獲得し、2018年の世界選手権では妹のメレルを抑えて金メダルを獲得。

しかし、スムルデスSrは、準決勝ヒートのスタート時に、オランダの第3ライダーであるジュディ・バーウとともに転倒し、決勝進出を逃した。

一方、メレルは決勝に進出し、パホンと2位を争ったが惜しくも銅メダルに終わった。

23歳のスムルデスJr.は、ますます調子を上げてきており、3年後のパリでは表彰台の一番上を狙う。

最後の大会

最大の関心事は、マリアナ・パホンがパリ2024で復帰し、タイトル奪還を目指すかどうか。

銀メダルを獲得した29歳のパホンは、2018年5月のクラッシュで膝の靭帯を断裂させた前のようなパワーはないと語っている。

また、パホンは、2017年のボリバルゲームでマーサ・バヨナとのチームスプリントで金メダルを獲得したことから、自転車トラックに転向する可能性を示唆した。

BMXの女王がベロドロームの女王になる可能性は? 続報を待て。

ハロー、パリ

東京大会でメダルを逃したフランスチームだが、特に男子では3人のライダーが全員決勝に進出したことが驚きとして伝えられた。

ワールドカップでの活躍ぶりを見ると、パリでの出場権を狙う選手は多い。

26歳のロマン・マユーは3人の中では最も若く、おそらく2024年の大会に出場するだろう。

また、キムマンは25歳、ホワイトは21歳、ラミレスは27歳と、3人のメダリストはいずれも次の大会で活躍することが期待されている。

女子では、日本の畠山紗英が第1ヒートの序盤で不運な転倒をしてしまい、早々に脱落。決勝進出を逃したスイスのゾーイ・クラーセンと同様に、経験を積むことでより良いパフォーマンスを発揮できると見られている。

オーストラリアのサヤ・サカキバラも若い女性ライダーとして注目されている。彼女とウィロビーは、準決勝のヒートでトップ争いをしているときに衝突。2人が直立していれば、2人とも決勝に進んでいたはずだ。

しかし、金メダルを獲得したシュリーバーはまだ22歳なので、タイトル防衛も期待できる。

Olympics.comでBMXレーシングのリプレイは見られる?

olympics.com/tokyo2020-replays で東京2020のBMXレーシングを振り返ろう。

次の大会はいつ?

2年の空白期間を経て、UCI BMX世界選手権が8月21~22日にオランダのアーネム・パペンダルで開催される。

トワン・ファン・ヘントは、ベルギーのゾルダーでニク・キムマンを倒して2019年からのタイトルを守り、アリーズ・ウィロビーは女子の王座の保持を目指す。

UCI BMXスーパークロスワールドカップは10月に再開され、第5戦と第6戦が10月23~24日にトルコのサカルヤで開催される。

次の週末には、同じトラックで第7戦と第8戦が行われる予定。

UCI BMXスーパークロスワールドカップのすべてのアクションは、Olympics.comでライブ配信される。

東京2020 BMXレースメダルリスト

男子BMXレーシング

金 - ニク・キムマン(オランダ)

銀 - キー・ホワイティ(イギリス

銅 - カルロス・ラミレス(COL

女子BMXレーシング

金 - ベス・シュリーバー(イギリス)

銀 - マリアナ・パホン(コロンビア)

銅 - メレル・スムルデス(オランダ)

これらをお気に入りに追加
Mariana PAJÓNMariana PAJÓN
Niek KIMMANNNiek KIMMANN
Bethany SHRIEVERBethany SHRIEVER
自転車BMXレーシング自転車BMXレーシング
オランダNED
もっと見る

You May Like