【ゴルフ】フジサンケイクラシック第2R:岩﨑亜久竜が単独首位、1打差にパク・サンヒョン

富士桜カントリー倶楽部(山梨県南都留郡)で開催中の国内男子ゴルフツアー「フジサンケイクラシック」は、9月3日までに第2ラウンドが終了。岩﨑亜久竜が通算8アンダーで首位に立った。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2004 Getty Images

国内男子ゴルフツアー「フジサンケイクラシック」が、9月1日に 富士桜カントリー倶楽部(山梨県南都留郡/7541ヤード・パー71)で開幕。2日の第2ラウンドはサスペンデッドとなり、3日午前に終了した。

第2ラウンドを終え、1打差2位タイから出た岩﨑亜久竜(フリー)が単独首位に立った。2日に14番ホールまで消化し、ここまで3バーディ・3ボギー。再開直後の15番ホールでバーディを奪うと、最終18番もバーディとし、通算8アンダーまでスコアを伸ばしている。

1打差の2位にはパク・サンヒョン(韓国/フリー)。第2ラウンドでスコアを4つ伸ばした。通算5アンダーの3位には、岩田寛(フリー)、 大西魁斗(ZOZO)が並んでいる。初日首位発進の片岡尚之(フリー)はスコアを4つ落とし、通算3アンダー8位タイで第3ラウンドに向かう。

石川遼(CASIO)は通算2アンダー16位タイ。ツアー連勝を狙うルーキー・河本力(フリー)は予選落ちを喫した。

「フジサンケイクラシック」は4日まで開催。優勝賞金2200万円、賞金総額1億1000万円で争われる。

フジサンケイクラシック 2022(JGTO)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト