【体操】全日本個人総合2日目:Tokyo2020金の橋本大輝が首位通過

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

4月22日、体操天皇杯 第76回全日本体操個人総合選手権(東京都渋谷区・東京体育館)は2日目、男子予選・男子種目別トライアウトを実施した。個人総合ではTokyo2020金の橋本大輝(順天堂大学)が6種目(ゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒)合計85.864点で首位。神本雄也(コナミスポーツ)が0.099点差で2位、岡慎之助(徳洲会体操クラブ/星槎大学)が0.333点差で3位と続く。上位30名による決勝は24日に行われる。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト