【陸上】日本GPシリーズ、金井大旺と寺田明日香が年間チャンピオンに

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

年間を通してポイントを争うトラック&フィールドの大会「サトウ食品日本グランプリシリーズ」は11月8日、2021年度のシリーズチャンピオンを発表した。男子は110mハードルの金井大旺(ミズノ)、女子は100mハードルの寺田明日香(ジャパンクリエイト)が、それぞれ輝いている。

シリーズチャンピオンには強化費100万円、サトウ食品商品1年分が贈呈され、12月に行われるJAAF(日本陸上競技連盟)アスレティックス・アワード2021で表彰される。また種目別チャンピオンも発表。男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)、女子1500mの田中希実(豊田織機TC)、女子10000mの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)ら、多くのTokyo 2020(東京五輪)出場選手が名を連ねている。

ランキング(サトウ食品日本グランプリシリーズ)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト