オリンピックチャンネルでフィギュアスケート専用チャンネルがスタート

文: オリンピックチャンネル編集部

オリンピックチャンネルは12月、フィギュアスケート専用チャンネル「オリンピックチャンネル・オン・アイス」を開設しました。

同チャンネルでは直近3大会の冬季オリンピック、2010年のバンクーバー大会(カナダ)、2014年のソチ大会(ロシア)、2018年の平昌大会(韓国)、そしてローザンヌ2020冬季ユースオリンピックで行われたフィギュアスケートのパフォーマンスを特集。羽生結弦やキム・ヨナらが氷上で見せた渾身の演技が蘇ります。

■バンクーバー2010

髙橋大輔が日本男子史上初となるメダル(銅)を獲得。女子シングル銀メダル・浅田真央のトリプルアクセルには誰もが興奮しました。そうした中、女子シングルではキムヨナが女王となりました。

男子シングル

  1. エヴァン ライサチェク(アメリカ合衆国)
  2. エフゲニー プルシェンコ(ロシア)
  3. 髙橋大輔(日本)

女子シングル

  1. キム ヨナ(金妍兒/韓国)
  2. 浅田真央(日本)
  3. ジョアニー ロシェット(カナダ)

■ソチ2014

男子シングルでは羽生結弦が金メダルを獲得。ショートプログラムで初めて100点以上を獲得した選手となり、歴史を作りました。

男子シングル

  1. 羽生結弦(日本)
  2. パトリック チャン(カナダ)
  3. デニス テン(カザフスタン)

女子シングル

  1. アデリナ ソトニコワ(ロシア)
  2. キム ヨナ(金妍兒/韓国)
  3. カロリーナ コストナー(イタリア)

■平昌2018

羽生結弦が男子シングルでオリンピック連覇を達成。女子シングルでは、当時15歳のアリーナ・ザギトワが表彰台の頂点に立ちました。

男子シングル

  1. 羽生結弦(日本)
  2. 宇野昌磨(日本)
  3. ハビエル フェルナンデス(スペイン)

女子シングル

  1. アリーナ ザギトワ(オリンピック アスリート フロム ロシア)
  2. エフゲニア メドベージェワ(オリンピック アスリート フロム ロシア)
  3. ケイトリン オズモンド(カナダ)

このほか、過去の冬季オリンピックで活躍した選手の演技や、5回転ジャンプの可能性を聞いた宇野昌磨へのインタビューなども配信していきます。