雄斗 堀米

日本 JPN

スケートボード

  • メダル
    1 G
  • 初出場
    東京2020
  • 生年
    1999年
オリンピック実績

経歴

雄斗 堀米

1999年1月7日、東京で生まれた堀米 雄斗は、スケートボードに座っていた。元ストリートスケートボーダーである父・堀込 亮太は、息子が歩けるようになる前にスケートボードを渡した。

ほどなく、スケートボードはおもちゃから表現手段へと変わり、堀込は東京のスケートパーク "アメージングスクエア "でスケートを学ぶ日々を送った。

15歳になった堀込は、アメリカのスケートボードコンテストに出場し、巨大なレールやギャップに挑む姿が注目された。2016年にはカリフォルニアに拠点を移し、本格的に活動を開始。

2018年5月に開催されたストリートリーグ・スケートボーディングのイベントで日本人選手として初めて優勝したことで、彼の名前に光が当たり始めた。決して偶然ではないことを証明した東京生まれのスケーターは、ロンドンでの優勝に続き、同年末にはさらに2つのイベントで優勝を果たした。

2019年、堀込を取り巻く状況はさらに良くなった。オリンピック予選で2勝を挙げ、世界選手権では3連覇中で世界ランキング1位のアメリカのナイジャ・ヒューストンに次ぐ2位を獲得。

2021年に開催される東京2020で、スケートパークのスペシャリストであるヒューストンと堀米の2人が出会うことは、スケートファンが最も楽しみにしていることだ。2021年6月にローマで開催されたストリート世界選手権で、ヒューストンは日本のスケーターに惜しくも敗れ、今年後半のオリンピックでの対戦に向けて完璧な舞台が用意された。

故郷の東京で開催される大会でスケートボードがデビューすることの意義を、22歳の才能ある選手が意識していないわけがない。彼はすでに、最大の舞台であるコンクリートの波に乗るために、どんなトリックを繰り出すかを計画しているに違いない。

オリンピック実績

続きを見る
オリンピック実績
結果 種目 競技

東京2020

G
Men's Street
Men's Street Skateboarding

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト