【卓球】アジア競技大会代表候補選考会1日目:伊藤美誠、平野美宇らが連勝スタート

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

第19回アジア競技大会卓球競技代表候補選手選考会が4月9日、東京都の北区赤羽体育館で開幕し、初日は男女リーグ戦の第1、第2試合を実施。女子グループAでは、Tokyo2020オリンピック銅メダルの伊藤美誠(スターツ)が橋本帆乃香(ミキハウス)と加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)を下し連勝スタートとした。女子グループAでは木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)も2連勝。10日の第3試合では、決勝進出をかけ伊藤と対戦する。

女子グループBでは、佐藤瞳(ミキハウス)と平野美宇(木下グループ)が2勝0敗。両選手が激突する第3試合で決勝進出選手が決まる。石川佳純(全農)は佐藤と平野に敗れ、決勝進出を逃した。

男子グループAでは⼾上隼輔 (明治大学)が、吉山僚一 (愛工大名電高校)と曽根翔 (愛知工業大学)から白星を挙げて2勝0敗。第3試合では及川瑞基 (木下グループ)と対戦する。曽根と及川は1勝1敗、吉山は2敗。

男子グループBは有延大夢(琉球アスティーダ)の棄権により3選手で実施。吉村真晴(愛知ダイハツ)と松下大星 (クローバー⻭科カスピッズ)が不戦勝を含めて2勝0敗、横谷晟(愛知工業大学)は2連敗を喫した。

第19回アジア競技大会卓球競技代表候補選手選考会は男女シングルスを実施。男女とも8選手ずつが出場し、2つのグループに分けリーグ戦を行う。グループ各1位が決勝に進出し、優勝者は第19回アジア競技大会卓球競技・シングルス種目の出場者に内定する。また、各リーグ2位までは、第19回アジア競技大会卓球競技・団体種目日本代表に内定となる。なお、2022 LION CUP TOP32優勝者(男子:張本智和、女子:早田ひな)は日本代表に内定している。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト