【トライアスロン】アジア選手権:男子は日本勢が表彰台を独占…女子は2位に佐藤優香、3位に上田藍

文: 渡辺文重

アジアトライアスロン選手権が4月24日、広島県・廿日市市役所周辺特設会場で開催された。男子は、ニナー賢治(NTT東日本・NTT西日本)が優勝。2位は北條巧(博慈会、NTT東日本・NTT西日本)、3位は古谷純平(三井住友海上)だった。女子は、メンギン・ソン(中国)が制した。

これに2位・佐藤優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ)、3位・上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)、4位・岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター)と日本勢が続いた。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト