大橋悠依 / Yui OHASHI

日本 JPN

競泳

  • メダル
    2 G
  • 出場
    1
  • 初出場
    東京2020
  • 生年
    1995年
オリンピック実績

経歴

大橋悠依 / Yui OHASHI

大橋悠依の年齢、身長、水泳を始めたきっかけ

競泳の大橋悠依は、2020年11月に女子200m個人メドレーの日本記録を更新した。東京2020オリンピックでは女子400m、200m個人メドレーを制し、2冠達成。ここでは年齢、身長から成績まで大橋のプロフィールを紹介する。

大橋は1995年10月18日生まれ、滋賀県出身。身長は175cm。種目は個人メドレー。

幼稚園の頃に姉の影響で水泳を始める。彦根市立東中学3年生の時に全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季大会(13〜14歳)に出場し、200m個人メドレーで優勝を果たした。滋賀県立草津東高校在学中には100m背泳ぎや200m背泳ぎ、200m平泳ぎ、400m個人メドレーの滋賀県記録を作っている。

大学時代の成績

2014年4月、平井伯昌日本代表ヘッドコーチが水泳部監督を務める東洋大学に入学する。2016年9月、大学3年生の時に日本学生選手権200m個人メドレーに出場して大会新記録で優勝を飾り、400m個人メドレーも制して2冠を達成。同年11月にはアジア選手権の200m個人メドレーで優勝したほか、400m個人メドレーでは3位に入った。

2017年4月、大学4年生の時に日本選手権400m個人メドレーで日本記録(当時)を樹立し、200m個人メドレーでも優勝、2冠に輝く。同年7月にハンガリー・ブダペストで行われた世界選手権200m個人メドレーで日本記録2分07秒91を樹立して銀メダルを獲得した。

2016年

・9月 日本学生選手権 200m個人メドレー 優勝、400m個人メドレー 優勝
・11月 アジア選手権 200m個人メドレー 優勝、400m個人メドレー 3位

2017年

・4月 日本選手権 200m個人メドレー 優勝、400m個人メドレー 優勝
・7月 世界選手権 200m個人メドレー 2位、400m個人メドレー 4位
・8月 ユニバーシアード 200m個人メドレー 優勝、400m個人メドレー 優勝、4✕200mリレー 3位(五十嵐千尋、大本里佳、露内若葉、大橋)

大学卒業後の成績

2018年4月、株式会社ナガセに入社。同月、日本選手権400m個人メドレーで4分30秒82の日本記録を出して優勝する。

同年8月にパンパシフィック選手権で200m個人メドレーと400m個人メドレーの2冠を達成し、800mフリーリレーでは日本記録を更新。同年11月、ワールドカップ400m個人メドレーで短水路日本記録4分22秒73を出して2位に入る。

2019年7月には中国・光州で行われた世界選手権に出場し、400m個人メドレーで3位に入った。

2018年

・4月 日本選手権 200m自由形 2位、200m個人メドレー 優勝、400m個人メドレー 優勝
・8月 パンパシフィック選手権 200m個人メドレー 優勝、400m個人メドレー 優勝
・8月 アジア大会 200m個人メドレー 2位、400m個人メドレー 優勝、200m自由形 4位
・11月 ワールドカップ 400m個人メドレー 2位

2019年

・4月 日本選手権 200m個人メドレー 優勝、400m個人メドレー 優勝、200mバタフライ 2位
・7月 世界選手権 400m個人メドレー 3位

2021年

・8月 東京オリンピック 200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー優勝

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト

オリンピック実績

続きを見る
オリンピック実績
結果 種目 競技

東京2020

G
Women's 200m Individual Medley
Women's 200m Individual Medley Swimming
G
Women's 400m Individual Medley
Women's 400m Individual Medley Swimming