東京2020オリンピック聖火リレーは121日間の旅を終えてオリンピックスタジアムへ

最終聖火ランナーとして登場した中村勘九郎さん(中央)と小池百合子都知事(写真右)
最終聖火ランナーとして登場した中村勘九郎さん(中央)と小池百合子都知事(写真右)

2021年7月23日(金)、東京2020オリンピック聖火リレーは東京都最終日となる15日目を迎え、東京都庁の都民広場で「東京都 オリンピック聖火リレー都内到着式」が行われました。新宿区を走行予定だった聖火ランナーのみなさんがトーチキスをつなぎ、東京都内東京2020オリンピック聖火リレー最終聖火ランナーとして、歌舞伎俳優の中村勘九郎さんが聖火皿に点火しました。

聖火皿に点火する中村勘九郎さん
聖火皿に点火する中村勘九郎さん

東京都15日目デイリーハイライト映像

東京2020オリンピック聖火リレー 東京都15日目 デイリーハイライト映像

また、航空自衛隊のアクロバットチーム ブルーインパルスが聖火の到着を祝い、オリンピックスタジアム上空でオリンピックシンボルを描きました。

[広告]
東京の空にオリンピックシンボルを描いたブルーインパルス

121日間にわたり、一人ひとりの想いを乗せてつないできた東京2020オリンピック聖火リレーも今日で終わりです。いよいよ迎える東京2020オリンピック・パラリンピック本大会では、はたしてどのようなドラマが生まれ新たな時代のページが作られていくでしょうか。

東京都13日目 - 15日目の聖火リレー情報を見る

オリンピック聖火リレールート情報

東京2020オリンピック聖火リレーの楽しみ方

【動画】東京2020オリンピック聖火リレー 安全・安心のための7つの対策
[広告]