東京2020オリンピック聖火リレー 福岡県内の開催内容変更について(5月10日更新)

5月11日(火)および12日(水)にオリンピック聖火リレーの実施が予定されている福岡県は、本日、緊急事態措置の区域に追加されたため、福岡県実行委員会より要請があり、東京2020組織委員会と協議の結果、福岡県内オリンピック聖火リレーは公道での実施に代えて、両日セレブレーション会場で無観客(関係者を除く)の点火セレモニーを行います。その中でランナーはトーチに灯した聖火を聖火皿までつないでいきます。

東京2020組織委員会は、福岡県実行委員会と綿密に協議を重ね、安全な環境を確保し準備を進めます。

概要

  • Day1 2021年5月11日(火)

場所:福岡市 平和台陸上競技場
時間:16:00~18:00(予定)

  • Day2 2021年5月12日(水)

場所:北九州市 門司港(関門海峡ミュージアムイベント広場)
時間:16:00~18:00(予定)

※両日とも無観客開催(関係者を除く)、ランナーは任意で参加予定