「仲さん、今から行ってきます」 奈良県2日目 東京2020オリンピック聖火リレーデイリーレポート

第4区間 斑鳩町
第4区間 斑鳩町

2021年4月12日(月)、東京2020オリンピック聖火リレーは奈良県2日目を迎え、河合町・広陵町・香芝市、大和高田市、吉野町、斑鳩町、大和郡山市、宇陀市、生駒市、奈良市を巡りました。

2日目は、快晴の馬見丘陵公園から出発。吉野町では金峯山寺、斑鳩町では法隆寺、奈良市では薬師寺や興福寺といった名刹を聖火ランナーのみなさんが走りました。セレブレーションは、奈良市の東大寺仏殿の前で行われました。

奈良県オリンピック聖火ランナー 根木慎志さん

根木さんは高校3年時に交通事故に遭い、車いすでの生活を余儀なくされました。その後出会った車いすバスケットボールに魅せられ、シドニー2000パラリンピックでは、男子車いすバスケットボールの日本代表キャプテンを務めました。各地の学校で車いすバスケットボールの体験授業を続けており、その数は30年間で3000校80万人を超えるといいます。オリンピックの最大のテーマである世界平和をスポーツの力で広げていきたい、誰もが違いを認め輝く社会をめざしたいと、東京2020オリンピック聖火ランナーに応募しました。

以下、根木さんの走行後のコメントです。

「大和高田市という僕の地元でスタートさせてもらって、顔見知りの方がいたり、みんなに応援してもらったりして本当に感動の時間でした。聖火ランナーとして走ると、慣れ親しんだ場所の景色もまた違って見えました。

聖火リレーに込めた思いは、たくさんあります。東京2020オリンピック・パラリンピックの招致のところから活動してきて、車いすバスケットボールを通して、東日本大震災の被災地を回ったり全国の学校を訪問したりしました。トーチが巡ることによって、オリンピックの意義を伝えられたらと思いながら走りました。

東京2020パラリンピックのアーチェリー日本代表に内定に決まっていた仲喜嗣さん(奈良県出身、2021年2月7日逝去)がお亡くなりになられて、この聖火リレーも走る予定だったそうです。とても楽しみにされていたので、仲さんの想いもしっかりと受け止めて一緒に走りました。最初は泣いたらどうしようかなと思ったけど、きっと笑いながら楽しく走っている姿を楽しみされていると思ったので、『今から行ってきますんで』とにこにこしながら笑顔で走らせていただきました。」

第2区間 大和高田市:仲喜嗣さんに向け笑顔で走った根木慎志さん
第2区間 大和高田市:仲喜嗣さんに向け笑顔で走った根木慎志さん

オリンピック聖火と奈良県の聖火ランナーのみなさん

第1区間 河合町・広陵町・香芝市
第1区間 河合町・広陵町・香芝市
第1区間 河合町・広陵町・香芝市
第1区間 河合町・広陵町・香芝市
第3区間 吉野町
第3区間 吉野町
第4区間 斑鳩町
第4区間 斑鳩町
第5区間 大和郡山市・奈良市
第5区間 大和郡山市・奈良市
第6区間 宇陀市
第6区間 宇陀市
第7区間 生駒市
第7区間 生駒市
第8区間 奈良市
第8区間 奈良市

奈良県2日目デイリーハイライト映像

東京2020オリンピック聖火リレー 奈良県2日目 デイリーハイライト映像

東京2020オリンピック聖火リレーは本日で奈良県での旅を終え、明日4月13日(火)からは大阪府に引き継がれます。大阪府では当初の予定ルートを変更し、吹田市の万博記念公園内を走行します。

奈良県の聖火リレー情報を見る

次の大阪府の聖火リレー情報を見る

オリンピック聖火リレールート情報

東京2020オリンピック聖火リレーの楽しみ方

東京2020オリンピック聖火リレー 新型コロナウイルス感染症対策について

聖火リレーを沿道観覧される場合は、以下のページに記載の注意事項をよくお読みの上、新型コロナ感染症対策を順守してお越しください。

新型コロナウイルス感染症対策について

【動画】東京2020オリンピック聖火リレー 安全・安心のための7つの対策