「被爆者の祖父とともに平和の大切さ伝えていく」 長崎県2日目 東京2020オリンピック聖火リレーデイリーレポート

Mone Nagato Goto-City

2021年5月8日(土)、東京2020オリンピック聖火リレーは長崎県2日目を迎えました。オリンピック聖火は長与町からスタートし、時津町、西海市、五島市、対馬市、松浦市、平戸市、佐々町を訪れた後、最終地となった佐世保市に到着。聖火の到着を祝うセレブレーションは同市の新みなと暫定広場で行われ、元野球選手で地元出身の城島健司さんが聖火皿に点火しました。

長崎県オリンピック聖火ランナー 長門百音さん

長門さんは、おじいさんから東京2020オリンピックの閉会式が8月9日という長崎に原爆が投下された日であり、被爆者として何か貢献したいという思いを伝えられ、聖火ランナーに一緒に応募しました。聖火ランナーへの応募をきっかけに自分自身を振り返ると、これまで平和学習を受けてはきたものの、自分から行動できてないことをもどかしく思っていました。そこで長門さんは、おじいさんの夢である8月9日の写真を世界中の人達から集め、それを今後も被爆100周年まで続けたいと思っています。残念ながらおじいさんは聖火ランナーには選ばれませんでしたが、気持ちはともに走ろうと意気込んでいました。

以下、走行後の長門さんのコメントです。

「延期前の日程だとオリンピックの閉会式が被爆75周年の8月9日だったので、おじいちゃんが被爆者なので、平和を願っておじいちゃんと一緒に聖火ランナーに応募しました。私だけ当選してしまったんですが、おじいちゃんも私の走る姿を喜んでみてくれていたと思います。おじいちゃんの「8月9日の写真を世界中の人たちから集める」活動を私が将来引き継いでいきたいと思っているので、この聖火ランナーとして走った経験を活かして、平和の大切さを伝えていきたいです。」

笑顔で手を振る長門百音さん 第4区間 五島市
笑顔で手を振る長門百音さん 第4区間 五島市

オリンピック聖火と長崎県の聖火ランナーのみなさん

第1区間 長与町
第1区間 長与町
第2区間 時津町
第2区間 時津町
[広告]
第3区間 西海市
第3区間 西海市
第5区間 対馬市
第5区間 対馬市
第6区間 松浦市
第6区間 松浦市
第7区間 平戸市
第7区間 平戸市
第8区間 佐々町
第8区間 佐々町
第9区間 佐世保市
第9区間 佐世保市
[広告]

長崎県2日目デイリーハイライト映像

東京2020オリンピック聖火リレー 長崎県2日目 デイリーハイライト映像

長崎県の聖火リレー情報を見る

次の佐賀県の聖火リレー情報を見る

オリンピック聖火リレールート情報

東京2020オリンピック聖火リレーの楽しみ方

東京2020オリンピック聖火リレー 新型コロナウイルス感染症対策について

聖火リレーを沿道観覧される場合は、以下のページに記載の注意事項をよくお読みの上、新型コロナ感染症対策を順守してお越しください。

新型コロナウイルス感染症対策について

【動画】東京2020オリンピック聖火リレー 安全・安心のための7つの対策
[広告]