「人生を懸けるアスリートのことを思って走りました」 岐阜県2日目 東京2020オリンピック聖火リレーデイリーレポート

第1区間 下呂市:聖火を手に走り出したダンサーの大前光市さん
第1区間 下呂市:聖火を手に走り出したダンサーの大前光市さん

2021年4月4日(日)、東京2020オリンピック聖火リレーは岐阜県の最終日となる2日目を迎え、下呂市、各務原市、関ケ原町、大垣市、羽島市、岐阜市で実施されました。

2日目は、リオデジャネイロ2016パラリンピック閉会式で義足を生かした踊りを披露した、下呂市出身のダンサー・大前光市さんからスタート。各務原市では、地元出身でホッケー日本代表として4度オリンピックに出場した中川未由希さんが、現役のホッケー女子日本代表チーム「さくらジャパン」の候補である選手たちに聖火をつなぎました。岐阜市では、岐阜城内を聖火が通過。セレブレーション会場には、同市出身で冬季オリンピックに3度出場した勅使川原郁恵さんが聖火を運び入れ、岐阜県での聖火リレーを締めくくりました。

岐阜県オリンピック聖火ランナー 挾土秀平さん

高山市を拠点に活動する左官職人の挾土(はさど)秀平さんは、これまでに東京2020オリンピック馬術競技の会場である馬事公苑(東京都)の施設の一部や、NHK大河ドラマ「真田丸」の題字を制作した実績があります。岐阜県での聖火リレーを通して、オリンピックを東京だけでなく岐阜県からも盛り上げたいと願っています。

「雨が降っていたのでベタベタするなと思いながら走りましたが、沿道の応援に応えなくてはと思いましたし、今はこういう時代ですから、つべこべ言わずに、やることはちゃんとやるということが大事かなと、何でもやろうという気持ちで走りました。母や仲間も見に来てくれて、知っている人に頑張れと言ってもらえてありがたかったです。(東京2020オリンピック・パラリンピックにどんなことを期待しますか?)私は人生を懸けて努力してきているアスリートのことを思って走りました。彼らの強い気持ちを思うと、やはり(彼らの想いを)叶えてあげたいなと思いますね。」

第3区間 関ケ原町:アスリートたちへの思いを胸に走った挾土秀平さん
第3区間 関ケ原町:アスリートたちへの思いを胸に走った挾土秀平さん

オリンピック聖火と岐阜県の聖火ランナーのみなさん

第1区間 下呂市
第1区間 下呂市
第2区間 各務原市:オリンピアンの中川未由希さん(写真右から4人目)とホッケー女子日本代表「さくらジャパン」候補メンバー
第2区間 各務原市:オリンピアンの中川未由希さん(写真右から4人目)とホッケー女子日本代表「さくらジャパン」候補メンバー
[広告]
第4区間 大垣市
第4区間 大垣市
第5区間 羽島市
第5区間 羽島市
第6区間 岐阜市:岐阜城で東京2020オリンピック聖火を掲げる伊藤英明さん
第6区間 岐阜市:岐阜城で東京2020オリンピック聖火を掲げる伊藤英明さん

東京2020オリンピック聖火リレーは本日で岐阜県での旅を終え、明日から愛知県を走ります。愛知県1日目となる4月5日(月)は、瀬戸市、名古屋市、春日井市、一宮市、犬山市、稲沢市、清須市を巡ります。三種の神器の一つ「草薙神剣」を祀る熱田神宮や、日本最古の様式の天守が現存する国宝・犬山城を通ります。

岐阜県2日目デイリーハイライト映像

東京2020オリンピック聖火リレー岐阜県2日目 デイリーハイライト映像
[広告]

岐阜県の聖火リレー情報を見る

次の愛知県の聖火リレー情報を見る

オリンピック聖火リレールート情報

東京2020オリンピック聖火リレーの楽しみ方

東京2020オリンピック聖火リレー 新型コロナウイルス感染症対策について

聖火リレーを沿道観覧される場合は、以下のページに記載の注意事項をよくお読みの上、新型コロナ感染症対策を順守してお越しください。

新型コロナウイルス感染症対策について

【動画】東京2020オリンピック聖火リレー 安全・安心のための7つの対策