幕張メッセAホール・Bホール・Cホールの交通対策

[広告]

2021年5月中旬から9月下旬まで、以下のとおり様々な交通対策を行います。ご理解、ご協力をお願いします。

会場周辺交通対策図

交通対策の概要

1.進入禁止エリアの設置(赤いエリア)

会場等を物理的なフェンスで囲み、大会関係車両以外の進入を禁止するエリアです。メッセ大通りやビジネス通りの一部が終日進入禁止となるほか、歩道の一部も通行することができません。

2.通行規制エリアの設置(黄色の線)

メッセ大通りやビジネス通り、浜田川通り沿いの千葉市道中瀬7号線などが一部終日通行を規制する路線です。

3.迂回エリアの設置(黒い点線のエリア)

会場周辺の混雑を回避するため、迂回のお願いをしています。

会場周辺(県道15号、国際大通り、メッセ大通りなど)については、周辺に利用目的がない場合は車両で通行しないようお願いします。

また、大会関係車両の通行が多い東関道湾岸習志野インターから国道357号浜田交差点までの間についても、混雑が予想されるので迂回をお願いします。

4.専用レーンの設置(桜色の線)

県道15号の浜田交差点を始点とし、豊砂交差点を終点とする車線のうち、第一通行帯(左車線)の1車線に専用レーンを設置します。なお、浜田交差点と豊砂交差点の間に所在する「免許センター交差点」については、浜田交差点方向から進行する場合のみ左折禁止の交通規制を併せて実施し、豊砂交差点手前の「豊砂陸橋入口」については、大会関係車両以外は通行禁止の交通規制により進入することができません。

詳細は、以下の図面をご覧ください。

[広告]

※規制内容は2021年3月時点のものであり、今後変更の可能性があります。