霞ヶ関カンツリー俱楽部周辺の交通対策

[広告]

2021年4月上旬から9月中旬まで、以下のとおり様々な交通対策を行います。ご理解・ご協力をお願いします。大会関連工事も含めた規制期間など詳細については、調整がつき次第、公表します。

会場周辺交通対策図

交通対策の概要

1 進入禁止エリアの設置

会場等を物理的なフェンスで囲み、大会関係車両以外の進入を禁止するエリアです。

規制期間中、市道8224号線の一部が終日利用できなくなります。

2 通行規制エリアの設置

県道261号線(笠幡狭山線)、市道0074号線は、競技日の競技時間を含めた時間帯において渋滞の発生など交通状況により通行を規制する路線です。

3 迂回エリアの設置

会場周辺の混雑緩和のため、迂回のお願いをしています。会場周辺(県道15号(川越日高線)、県道261号線(笠幡狭山線)等の内側)は車両で通行しないようお願いします。

詳細は、以下の図面をご覧ください。

[広告]