「未来をつかむため」役立つ姿を見せたい 東京2020ロボットプロジェクト パナソニック

Pana1
[広告]

東京2020大会は、ロボット有識者のご協力のもと、国、東京都、トヨタ自動車やパナソニックといった大会パートナーとともに、イノベーティブな取り組みの一つとして、「東京2020ロボットプロジェクト」を行っています。ロボットが大会期間中に様々な場面で人々に寄り添い、役立つ姿を見せるとともに、大会を契機とした社会実装の推進に繋げることを目的とする同プロジェクト。パナソニックでは、人が行う作業を自動化およびアシストをするロボットを提供すべく、準備を進めました。現場で日々、汗を流す開発者のみなさんの思いを紹介します。

「これを使ってよかった」と言われるように

パナソニックは、これまで産業用ロボットやサービスロボット、さらに物資の搬送用や農業用など様々なロボットの開発をしています。同社でプロジェクトの推進を担当する荻島敬司さんは、「人に寄り添う」をキーワードとし、その上で大会時に見せたい姿として、「役立つ姿を発信したい」と強調します。

「ウィズコロナと言われる中で、アシストスーツが個人個人の負担を減らす、ロボット掃除機が人の代わりに広い空間を掃除して活動量を減らす、といった点で貢献できると思います。ロボットが活躍する姿を見ていただき、弊社のロボットだけではなく、日本のロボットや技術がより広く普及していくことを期待しています」

同社のロボットは大会期間中、選手村や競技会場などでの運営支援に当たります。「今回は幅広く、様々な方に使っていただけますので、『これを使ってよかった』と言われるように、進めていきます」。荻島さんは人の喜ぶ姿を目標にしながら、プロジェクトに取り組みます。

プロジェクトの推進を担当する荻島敬司さん
プロジェクトの推進を担当する荻島敬司さん

パワーアシストスーツ 複雑な作業の負担を軽減

パワーアシストスーツは搭載されたモーターの力などを利用し、装着することで作業時の体の負担を軽減します。東京2020大会では、パナソニックのグループ会社が手掛ける3種類が活用されます。パナソニックの社内ベンチャー制度で創業以来、これらを開発してきた藤本弘道さんは、導入する意義について解説します。

「コロナ禍において、シンプルな作業は、機械による代替が進みましたが、複雑な作業や大きな力を必要とする作業はロボットも苦手で、人への負担はより大きくなります。そこで、この負担を減らしていくことの意義は大きいと感じています」

腰や腕の負担を軽減するアシストスーツは、スタッフが重い機材や競技用具を運搬する際に、利用されます。また歩行支援を行うタイプは、各地の競技会場で広大なエリアの清掃を行うスタッフの歩行をサポートします。ここで用いられているのが、ワイヤーアシスト技術です。人々の骨格が筋肉と腱でつながっていることに着想を得て、スーツにワイヤーを取り付けました。藤本さんによると、人の動作意図をセンシングしてワイヤーでスムーズにサポートする制御は、独自の技術だそうです。

大会で使用されるパワーアシストスーツ
大会で使用されるパワーアシストスーツ

技術導入にあたって、最大の課題はワイヤーの強度や耐久性でした。試験段階では2、3日の使用でワイヤーが切れてしまい、「1年間程度は安心して使えるようにする」という目標には遠い状況。そこでワイヤーの素材や、表面の加工方法、さらには動かし方も含めて最適な組み合わせを見つけるべく、日々実験を繰り返しました。その結果、目標に到達。その過程はスポーツにおける新記録樹立の過程に似ていると言います。

「例えば、陸上競技の100mでも10秒を切れない時代が続きましたが、ある瞬間、誰かが9秒台を出すと、周囲の記録も伸びていきましたよね。開発も同じで、何かにトライし、突き抜けた瞬間、またその周辺で工夫が始まりますから、一気に課題解決へと進んでいく。それを短い時間で目の当たりにできたのは、興味深い開発だったなと思っています」

パワーアシストスーツを使って作業をした方、またその作業シーンを見た方から様々な声が届く機会として、東京2020大会を有意義なものにしたいと考える藤本さん。「未来をつかむために、アスリートと一緒になってチャレンジする場所ですね」。開発に関わる人々も挑戦心を持って、大会に臨みます。

[広告]
東京2020大会について、「アスリートと一緒になって挑戦する場所」と話す藤本弘道さん
東京2020大会について、「アスリートと一緒になって挑戦する場所」と話す藤本弘道さん

ロボット掃除機 「すみずみまで掃除」にこだわり

パナソニックでは2000年代から、「すみずみまで掃除をする」という点にこだわり、ロボット掃除機の開発に力を入れてきました。東京2020大会ではMPC(メインプレスセンター)でロボット掃除機が稼働します。開発リーダーを務める本田廉治さんは、「清掃スタッフの方には、ロボットが稼働したところは、『あまりゴミないよね』と言ってもらえたらいいですね」と、期待を込めます。

今回のロボット掃除機では、カメラや長距離の距離センサーLiDARを搭載したことで広域な環境を認識する自動操縦や、人や物を見分けて安全に回避する機能が備わっています。また大会延期に伴って生じた期間を利用し、ゴミを溜める集塵室にナノサイズの微粒子イオンを散布し、除菌する機能を追加しました。非接触とは言え、最後は人の手。ゴミ捨てを行うスタッフへの配慮が施されました。

「今回コロナ禍での開催ということで、衛生面でのニーズがすごく高まっていると感じています。人と接触することなく、空間を清潔に保つことができる点でお役に立てると思っています。清掃作業員のリスクも低減につながればいいですね」

ロボット掃除機
ロボット掃除機

今回のロボット掃除機では人工知能(AI)の技術を初めて搭載し、人や物を認識した際は近くまで行って退避する動きを取り入れました。しかしMPCが設置される東京ビッグサイトはとても広く、照明などの環境面も相まって、カメラによる認識率は下がることもあったそうです。

主な解決策として現地での実走に力を入れました。「環境データを取ったり、その場所に合わせたチューニングをすることで認識率を上げるような取り組みをしました」。そのほか掃除残しが出ないよう、位置の認識を高精度にするなど、普段の家庭用とは異なる調整が欠かせませんでした。

ロボット開発について、「様々な分野の技術が絡みあって、難しいものですが、出来上がると達成感がありますね」と微笑む本田さん。東京2020ロボットプロジェクトを通じ、「ロボット活用が加速され、世界に誇れるような技術の発展が我々を含めて、日本としてできていければと考えています」。

東京2020大会でのロボットの活躍が、日本の技術力アップに寄与することを願います。

ロボット開発について、達成感があると強調した本田さん
ロボット開発について、達成感があると強調した本田さん

関連インタビュー

東京2020ロボットプロジェクト通じ、「未来のスポーツ大会」見せる 比留川博久リーダー

人に寄り添いながら、「未来の種」作る トヨタ自動車前編

子どもたちの「笑顔」を増やすマスコットロボット、「テレプレゼンス」で人つなぐ トヨタ自動車後編

[広告]