柔道ニッポン快挙の要因は「我慢」と「試合の少なさ」 ロンドン2012大会出場の穴井隆将委員に聞く

過去最多となる金メダル9個を獲得した柔道ニッポン
過去最多となる金メダル9個を獲得した柔道ニッポン
[広告]

7月31日(土)に終了した東京2020オリンピックの柔道競技で、日本は男女合わせて金9個、銀2個、銅1個と計12個のメダルを獲得した。特に金メダルはアテネ2004大会の8個を更新する過去最多。柔道ニッポンは文字通り圧巻の強さを見せた。なぜこのような快挙を達成できたのか。ロンドン2012大会の男子100kg級代表で、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)アスリート委員会の穴井隆将委員に聞いた。

感謝の気持ちを持って戦った結果

メダルを多く獲得しましたが、選手が持っている力を存分に発揮した結果だと思います。予想以上の結果でもないですし、持てる力を発揮すれば、これくらいの結果が出るのが日本の代表選手の力です。ただ、本来の力を発揮するのが難しいのがオリンピックという舞台で、そういう意味では、選手たちはすごく頑張ったんじゃないかと思います。地元開催ということ、そしてオリンピックを開催していただけるという感謝の気持ちを持って戦った結果だと思います。

男子の井上康生監督、女子の増地克之監督の存在も大きかったです。選手と密に連携を取っていますし、コーチ陣やスタッフ、周りの方々の活躍の場というのを両監督は非常に尊重しています。客観的にいろいろな視点から見ることを重視している印象を受けますし、選手がやりやすい環境を意識して作っているように感じます。

競技全体を振り返ると、初日に男子60kg級で、高藤直寿選手が金メダルを獲得したのは大きかったと思います。リオデジャネイロ2016大会では、初日の二人とも金メダルを取れる実力はありましたが、高藤選手と近藤亜美選手が銅メダルでした。柔道は初日から金メダルが期待される競技なので、今回は金だったことでかなり勢いはついたかと思います。「自分もやってやろう」という気持ちになったと思いますし、取れない日が続くよりも、早いうちに一つ取れたことが、プラスに働いた部分があったのは間違いないです。

初日に高藤直寿(左)が金メダルを取ったことで、日本は勢いづいた
初日に高藤直寿(左)が金メダルを取ったことで、日本は勢いづいた

大野は「悪い自分をイメージできる」強さがある

(天理大学で指導もしている)大野将平選手は男子73kg級で金メダルを取りました。そばで見ていて感じるのは、試合に対する準備は並外れたものがあるということ。普通の人間が普通のことをやっていては、金メダルは取れない。彼は、最高と最低のパフォーマンスの最大限の振り幅を想定して練習をしている。それがいざというときに出るんだと思います。

どういうことかと言うと、相手を投げる、抑え込むという自分が勝つイメージはみんなすると思います。でも大野選手が準備で一番時間をかけているのは、自分が投げられそうになったとき、抑え込まれそうになったときなど、最悪の状況の部分です。それはみんなやりたくないでしょうし、イメージトレーニングでは「良い自分を想像しなさい」というのが一般的で、「悪い自分を想像しなさい」なんて言う人はほとんどいないと思います。でも「悪い自分」をイメージできる強さが彼にはあり、「こうなった場合はこうすればいい」という最悪の場面を想定できているので、ピンチに陥って、周りが不安に思った場合でも、当の本人はやれるという自信を持っている。大野選手にはそういう強さがあります。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、大野選手はオリンピックまで1年5カ月の間、試合に出場しませんでした。不安視される声もありましたが、試合をすればいいというものでもなく、むしろ日本人選手がたくさんメダルを取れたのは、あんまり試合をしすぎていないからだとも思います。柔道はコンタクトスポーツなので、実際に組み合わないと相手の技量は分からない。外国人選手からしても、大野選手と組み合う機会がなかったので、やはり怖いんです。大野選手と対戦する機会が奪われたことで、逆にやりづらさがあったと思います。

男子73kg級を制した大野将平(白)には、「悪い自分をイメージできる」強さがある
男子73kg級を制した大野将平(白)には、「悪い自分をイメージできる」強さがある

日本選手に共通して見られた「我慢強さ」

東京2020大会で日本人選手に共通して見られたことは「我慢強さ」です。今の柔道界では「我慢強さ」がテーマになっていて、投げるだけが全てじゃないと。自分の理想通りの柔道ができれば一番良いけれども、そんな甘いものじゃないですし、自分がしんどい時間は耐えなければいけない。なかなか投げられないからといっていらいらせず、「我慢」という言葉を選手が口にして戦っているなと感じましたね。これまで以上に今の選手は勝つこと、結果に重きを置いて柔道をしているので、それが今回の勝因の一つでもあるかもしれません。

全体を見ての課題として、強いてあげるとすれば、今後もルールが変わっていくと思いますし、日本対策を世界中が仕掛けてくると思います。様々な変化が次のオリンピックに向けてあると思うんですけど、ルールに自分を合わせていくのではなく、自分自身がルール以上に自分の型や道など、何かを確立していく姿勢が大事なんじゃないかと思います。

パリ2024大会に向けては、今回金メダルを取った選手は連覇を狙いやすい位置にいると思います。金を取った人は連覇を目指すことに期待したいですし、加えて大学生や大学を卒業した若い世代が、パリでは自分が代表権を勝ち取って、金メダルを取るんだと切磋琢磨して頑張ってほしいですね。

最後にありがたいことに、自分の解説が話題になっていたようで、柔道を知らない人たちに柔道の魅力や楽しさを分かってもらおうとやっていましたが、それができていたかは別の話で、解説になっていなかったんじゃないかと反省しています(苦笑)。反響はあったのですが、だから良かったと簡単には結論づけられないと思っていますし、今後も柔道の面白さをきちんと伝えていけるようにしていきたいと思っています。

[広告]
女子78kg超級で優勝した素根輝(青)。日本選手には共通して「我慢強さ」が見られた
女子78kg超級で優勝した素根輝(青)。日本選手には共通して「我慢強さ」が見られた