メニュー考案者らが喜び 東京2020みんなのフードプロジェクト授賞式

news-20210609-01-jaA
[広告]

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2021年6月9日(水)、「東京2020みんなのフードプロジェクト 日本の「食」を選手村アスリートへとどけよう!あなたのメニュー募集キャンペーン」(以下、「東京2020みんなのフードプロジェクト」)の本賞に選ばれたメニュー考案者への授賞式を実施しました。

「東京2020みんなのフードプロジェクト」は日本が世界に誇る食文化や食卓の味などを広く一般の方々から募集する参加型のプロジェクトで、2019年8月8日から2019年9月6日までの期間に個人・団体含め715件ものメニューの応募がありました。審査の結果、本賞5作品、特別賞としてパートナー賞5作品、学生賞10作品、東北復興賞11作品を選定しました。

本賞に選ばれたみなさんからは喜びの声が聞かれました。「夏バテ防止!アスリートそうめん」を考案した西村陽子さんは、「リモートでの授賞式ですが、緊張感があり受賞したんだなと実感しました」。「ずんだdeパンナコッタ~東北が誇る、美味しく栄養価も高い“ずんだdeおもてなし”」の庄内菜穂子さんは、「東北応援の思いも込めたメニューを海外の選手のみなさんに届けることができてうれしいです。ぜひ栄養価の高いずんだを味わって」とアピールしました。

「日本の国民食「おでん」夏バージョン! 厳しい暑さを乗り切って笑顔の花をたくさん咲かせてください!」で受賞の綿貫みどりさんは「食というフィールドで東京2020大会に関わることができて光栄です。和食の命であるだしを使い、旬の夏野菜を煮込んだおでんを食べて、最高のパフォーマンスを発揮してください」。「鮭ザンギの国産はちみつレモンソース」の久光智美さんは、「私の出身地である北海道の食材で選手のみなさんに元気を届けたいと考えていました。レモンの香りで心も体もリフレッシュしてほしいです」と、それぞれ笑顔を見せました。

この日は欠席となった「さっぱり桃トースト」の後藤千春さんは、「私は昨年まで栄養学を学ぶ学生で、スポーツ栄養の分野にも興味があり、サークルや研究室で学んでいました。炎天下の中、スポーツをしていた自身の経験から、食べやすくかつ少しでも食事が気の休まる時間になるようメニューを作成しました」とコメントを寄せました。

授賞式に参加する本賞受賞者ら
授賞式に参加する本賞受賞者ら

授賞式にはゲストとして、選手村で飲食した経験のある元アスリートが登場しました。バドミントンで北京2008オリンピック、ロンドン2012オリンピックに出場した池田信太郎さんは、庄内さんのメニューについて「枝豆を使っていて、和の心も入っているのかなと感じました。日本の伝統的な枝豆料理というところも、海外の方に響くのではないでしょうか」と話し、綿貫さんのメニューについては、「選手村で日本のだしを使って野菜を食べられる料理はなかった。彩りも良く、たくさんの食材が入ることから、食べるのが楽しくなるのではと思いました」と試食の感想を語りました。

[広告]
試食の感想を話す池田さん
試食の感想を話す池田さん

射撃選手として、パラリンピックにアテネ2004大会から3大会連続で挑んだ田口亜希さんもそれぞれのメニューを試食しました。西村さんのメニューは、「私がパラリンピックに出たとき、緊張のあまり食べることができませんでした。私の出ていたときにサラッと口に入るそうめんがあればよかったなと思いました」。久光さんのメニューは、「食べやすい魚料理があることは、選手にとっても選択肢が増えますし、鮭はどの国の選手にも馴染み深いかと思いますので、自国に帰って作ってみたいと思う選手もいるのではないでしょうか」と、自身の経験も交えて話しました。

自身のアスリートとしての経験も交えてコメントした田口さん
自身のアスリートとしての経験も交えてコメントした田口さん

審査にあたってはメニューのレシピだけではなく、メニューにまつわるエピソードや調理のポイントなども重視。本賞に採用されたメニューは、選手村カジュアルダイニングで実際に世界のアスリートにふるまわれます。

[広告]