大橋200個人メドレーも「金」 個人種目2冠は競泳女子で初

[広告]

東京2020オリンピック第6日の28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で大橋悠依(25)が優勝し、400メートル個人メドレーとの2種目制覇を成し遂げた。競泳の日本勢で個人種目の金メダルを複数つかんだのは、男子平泳ぎでアテネ2004大会、北京2008大会と2大会連続2冠に輝いた北島康介しかおらず、女子では初めての快挙だった。

北島を育てた平井伯昌コーチの下、水の抵抗を受けにくい泳ぎを身につけ、リオデジャネイロ2016大会後に日本女子のエースに成長した。世界選手権では17年に200メートル個人メドレーで銀、19年に400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した。(共同通信)