開会式

Opening Ceremony
オリンピックスタジアム
2021年7月23日
会場詳細

<東京2020オリンピック競技大会開会式コンセプト>

United by Emotion

世界中の人々がコロナウイルスという脅威の中で日々を過ごし、これまでの大会とは明らかに違う環境で迎える東京2020大会。私たちは年齢、国籍、立場など様々な違いを持つ上に、今は同じ場所にいることも難しい状況にあります。

だからこそ、アスリートによってこれから繰り広げられる数々の挑戦を通じて、喜びや悔しさを共に感じる瞬間を届けていきたい。そう、どんなに離れていても、言葉や文化が違っても、スポーツには世界中の人々を感動でつなぐ力があると信じています。それは私たち人類が普遍的に共有している、かけがえのない財産です。

あらためて「スポーツの役割」「オリンピックの価値」に気づき、これまでの日々を共に進んできた世界中の人々への感謝と称賛や、未来への希望を感じることができる時間をセレモニーでは目指します。人類は多種多様な違いを活かしながら、共感を通じて連帯し、助け合って生きていくことができる。そう感じてもらえる体験になることを願って。

フォトギャラリー

WHERE THE STORIES BEGIN | APART BUT NOT ALONE | A WELCOME FROM THE HOST | A LASTING LEGACY | HERE TOGETHER (PARADE OF ATHLETES) |  HERE TOGETHER | PEACE THROUGH SPORT | LET THE GAMES BEGIN | TIME TO SHINE | HOPE LIGHTS OUR WAY

※公式アプリから閲覧されている方は、上記メニューをクリックしても該当箇所に遷移しませんので、ご了承ください。

1. WHERE THE STORIES BEGIN

オープニングでは、たったひとつの点から様々なものが生まれ、豊かな土壌と時間を受け継いで芽吹く瞬間が、人類に共通する根源的なモチーフで描かれています。わたしたち一人ひとりが、今ここにいる意味を感じとり、思いを巡らせるきっかけになるように。そしてこの大会で選手が見せてくれる健闘が、世界中の人々の心に種をまき、未来に向けて様々な形で花を咲かせることを願って。その後に続くカウントダウン映像では、様々な障壁がある中、アスリートたちがそれぞれの持てる力を合わせて、努力の末に国立競技場へ辿り着いたことを表現します。

[広告]

2. APART BUT NOT ALONE

コロナウイルスの登場によって、地球上の多くの人々が、物理的な交流を制限されました。アスリートもまた、人との ディスタンスをとることが義務づけられ、コーチもライバルも観客もいない中で、自身の内面と肉体と向き合いながらト レーニングを続け、今日という日を迎えました。 コロナ禍のアスリートの心の中には、不安、焦り、疑い、哀しみ・・・様々な思いが交錯しています。そのように葛藤を抱えながらも、やるべきことをやり続ける選手の情熱は、同じように困難と向き合う人々の心を動かし、結びつけてきました。そう、物理的にはつながれなくても、希望を持って前を向く人の存在を知ることで、心はつながることができます。離れていることは、必ずしも孤独ではありません。内へ外へと張り巡らされる赤い線から、あなたはどんなメッセージを 受け取るでしょうか?

3. A WELCOME FROM THE HOST

1年の延期と試行錯誤の日々を経て、国立競技場に日本国旗が運び込まれます。 日本国旗を先導するのは、日本各地から集まった子どもたち。 国や文化や言語を超えて感動をシェアできるスポーツの力が、子どもたちの心身を育てて行くように。そしてこの大会を通して、一人一人が自分のベストを目指し、お互いの違いを認め、助け合う世界を受け継いでほしい、という願いからです。さらには日本国旗を運ぶ担い手として、アスリートだけではなく、医療従事者の方、障がいがある方など、困難な時期を前を向いて進んできた人々が登場します。 続いて、日本を代表する歌い手による祈りを込めた国歌斉唱を通じ、世界中の人々へ、大会ホストとしての感謝と歓迎の想いを伝えます。

[広告]

4. A LASTING LEGACY

今回登場するオリンピックリングスには、1964年の大会のレガシーが受け継がれています。前回の東京1964オリンピックで、各国選手団が持ちよった種から育てた木の間伐材が使われているのです。デザインは、日本の伝統工芸である寄せ木細工をイメージしています。

さらに舞台となる国立競技場にも47都道府県の間伐材が活用されています。木の恵みと共に暮らしてきた日本の木工技術の素晴らしさ、それを担う江戸の大工職人たちに光を当てたパフォーマンスが繰り広げられます。そして日本各地はもちろん、世界の様々なカルチャーが一緒にこの地を踏みしめながら、リズムを重ねていきます。2度目の東京大会が目指す「多様性と調和」の響きをぜひ感じ取ってください。

5-1. HERE TOGETHER (PARADE OF ATHLETES)

聞こえてくるのは、オーケストラのチューニングの音。あらゆる競技の、スタート直前の映像から始まります。いよいよ大会の幕が開ける瞬間に、これから新しい歴史を刻むすべての選手への祝福と称賛を表現します。

さらに選手たちを迎えるパレードでは、世界中で愛されている日本のカルチャーであるゲームのテーマ曲を選曲。また、漫画表現をモチーフにしたプラカードが掲げられ、今の日本を取り入れた歓迎の演出を用意しています。

[広告]

5-2. HERE TOGETHER

アスリートが入場した後は、大小色とりどりのブロックを持った子どもたちが登場し、一緒に「東京2020エンブレム」を作りだします。またそれは上空でもドローンによって表現され、やがて地球へと変化していきます。多様な生命が集まるこの星で、私たちはひとりひとり違う。だからこそお互いの個性を活かし、力を合わせていけることを願っています。

その後に続くのは、IMAGINE。想像力が私たちをつなげ、前に進めてくれます。世界中の人々が愛するこの曲を歌いつなぎ、各地にメッセージを送ります。

6. PEACE THROUGH SPORT

橋本会長・バッハ会長によるスピーチが世界中に届けられます。そして天皇陛下による開会宣言を受けてオリンピック旗が運び込まれ、前例のない日々と人々の暮らしを支え続けてきたエッセンシャルワーカーの方々に登場していただき、感謝と称賛の意を伝えます。その後の旗の掲揚を受け、聴こえてくるのは東京と福島の学生の皆さんによる合唱。さらには、放鳩式では、平和への願いを世界中に向けて発信します。

[広告]

7. LET THE GAMES BEGIN

だれもがわかりやすいユニバーサルなデザインを目指して1964年の大会で日本が生み出し、やがて世界中で使われるようになった「スポーツピクトグラム」。今大会ではそのレガシーが“動くピクトグラム”としてアップデートされました。本セクションでは、実際に躍動するピクトグラムを表現します。

ピクトたちが活き活きと力を合わせて50種目を紹介していく姿が、東京2020大会の試合ひとつひとつへの期待を高めていくでしょう。熱戦を控えた選手たちにエールを送るとともに、セレモニーを見守るすべての人々にアスリートの情熱を届けます。

8. TIME TO SHINE

このパートでは、集まってくれたすべての選手、そして世界中の観客の期待に応えるために、明日からの大会のために準備を整えた東京の様子をご覧いただきます。光を当てるのは、世界中のみなさんがどこにいても一緒にこの大会を楽しんでくれることを、歓迎している東京各地の人々。

さらに大会の開幕と選手たちの門出を祝し、日本の歌舞伎を代表する役者と世界的ジャズピアニストの共演を実現し、伝統とモダンのかけ算から生まれる新しいエネルギーをお届けします。この演目には、場を清め、世界の災厄が収まるよう祈りを込めます。

[広告]

9. HOPE LIGHTS OUR WAY

ギリシャから被災地である宮城県東松島市に届いた聖火は、ランタンで大切に保管され、1年の時を経て再開した聖火リレーで引き継がれてきました。日本各地で行われた聖火リレーの様子を映像で紹介した後に、場内には聖火ランナーが入ってきます。長く暗いトンネルを、希望の光を掲げながら走り続けてきた走者です。そして会場には、セレモニーの出演者たちがひまわりを持って集結します。ひまわりは太陽に向かって咲く花であり、花言葉の中には尊敬や応援の意味もあるそうです。やがてステージ上に現れた階段を、ゆっくりと最後のランナーが登り、聖火台に希望の火を灯します。いよいよ明日から、オリンピックの試合が始まります。

オリンピックをスクリーンでも楽しもう