Sport × Culture!

About Olympic Agora

オリンピック・アゴラ

オリンピック文化遺産財団は、オリンピック開催に合わせ、スポーツ、芸術、文化の融合を実現させるユニークな文化プロジェクトを開催します。オフィシャルパートナーである三井不動産株式会社の支援のもと、古代ギリシャの伝統的な“アゴラ”が、超現代的な東京・日本橋に甦ります。

古代ギリシャの街には“アゴラ”と呼ばれる公共の場がありました。活気あふれるその場所に人々は集まり、食べたり、飲んだり、歌ったり、商売をしたり、意見交換をしたりして、都市生活を楽しんでいました。東京2020大会では、2021年7月1日から8月15日まで、日本橋にて初めてオリンピック・アゴラが開催されます。ここでは、スポーツと文化の深いつながりを紹介。オリンピックが世界中にもたらす文化的・社会的なインパクト、時を経ても変わることのないオリンピックの描く理想の世界へとみなさまを誘います。

人々に明るい希望をもたらすスポーツ、芸術、文化の力を、さまざまな展示とアートインスタレーションを通して、ぜひ体感してください。

オリンピック・アゴラは、世界中の観客に開かれており、会場でもオンラインでも、文化を超えて対話することができます。オリンピック・アゴラは、この前例のない危機の時代にあっても、私たちを動かすスポーツと芸術の力、そして決意・克服・国際協力の象徴となるものです。

アンジェリータ・テオ氏

オリンピック文化遺産財団ディレクター

このオリンピック・アゴラのために、著名なアーティストたちがオリンピックの価値を解釈し、パブリック・アート・インスタレーションを特別に制作しました。これらのインスタレーションはデジタル上で世界中のどこからでも閲覧できます。また、芸術的な才能を持つオリンピック選手たちも自らが手がけた作品を公開。三越前の地下通路にて、オリンピックの価値に命が吹き込まれます。

三井不動産は、オリンピック・アゴラのオフィシャルパートナーとして、本プロジェクトを総合的にサポートしています。東京のビジネスの中心地でありながら、伝統的な魅力と超近代的な建築物が融合する街・日本橋に本社を置き、「過去を保持・再生しつつ、未来を創造する」という基本コンセプトのもと、近代的な多目的都市空間や施設を開発している同社。日本橋につくられた世界初のオリンピック・アゴラでも、その成果をご覧いただけます。

オリンピック・アゴラは、オリンピックの持つ文化・歴史・意義・価値観を世の中に紹介し、オリンピック・ムーブメントには欠かせない『スポーツと文化の融合』を促進するプログラムとして日本橋で開催され、当社がオフィシャルパートナーとして貢献できることを大変光栄に思います。また、オリンピック・アゴラのデジタルプログラムを通じて、世界中の皆様に日本橋の鼓動とオリンピック精神を体験していただけることを期待しております。

菰田正信氏

三井不動産社長兼CEO

Contact

コンタクト

オリンピック・アゴラ

主催 オリンピック文化遺産財団
オフィシャルパートナー 三井不動産株式会社(東京2020ゴールド街づくりパートナー)
場所 東京・日本橋室町一帯
日程 2021年7月1日〜8月15日
報道関係者の
お問い合わせ
press.office@olympic.org / tina.sharma@olympic.org

BACK TO PAGE TOP