いかにテコンドーが難民選手パルフェ・ハキジマナの人生を変えたのか

ハキジマナは、祖国ブルンジで銃撃を受け、左腕のほとんどを失った。その銃撃では母親も亡くした。数年後、テコンドーを始めた彼はルワンダに逃れ、そして今、難民パラリンピック選手団の一員として東京2020に参加している。

いかにテコンドーが難民選手パルフェ・ハキジマナの人生を変えたのか

ハキジマナは、祖国ブルンジで銃撃を受け、左腕のほとんどを失った。その銃撃では母親も亡くした。数年後、テコンドーを始めた彼はルワンダに逃れ、そして今、難民パラリンピック選手団の一員として東京2020に参加している。

関連コンテンツ