マギー・マクニール、内なるモチベーションとプール内外で彼女を突き動かす“興味深い組み合わせ”について語る

オリンピック100m女子バタフライのチャンピオン、マーガレット・"マギー"・マクニール(カナダ)は、2021年の東京2020で金メダルを獲得した際の遅れたリアクションで話題になった。ロングコースのプールで2022 FINA世界選手権に備える一方で、ショートコースのバタフライの世界記録保持者は、楽器演奏と舞台芸術鑑賞への情熱、そして彼女の競争心が水泳以外の分野でも発揮されている理由についてOlympics.comに語った。ミシガン大学心理学科の彼女は、コモンウェルスゲームズとパリ2024での2度目のオリンピック出場を視野に入れているが、引退後の人生設計についても話してくれた。

マギー・マクニール、内なるモチベーションとプール内外で彼女を突き動かす“興味深い組み合わせ”について語る

オリンピック100m女子バタフライのチャンピオン、マーガレット・"マギー"・マクニール(カナダ)は、2021年の東京2020で金メダルを獲得した際の遅れたリアクションで話題になった。ロングコースのプールで2022 FINA世界選手権に備える一方で、ショートコースのバタフライの世界記録保持者は、楽器演奏と舞台芸術鑑賞への情熱、そして彼女の競争心が水泳以外の分野でも発揮されている理由についてOlympics.comに語った。ミシガン大学心理学科の彼女は、コモンウェルスゲームズとパリ2024での2度目のオリンピック出場を視野に入れているが、引退後の人生設計についても話してくれた。