ニュース

池崎大輔:「自分のキャリアで一番がっかりした瞬間」

日本の車いすラグビーのレジェンド、池崎大輔は、2021年に開催される東京2020パラリンピックでの金メダルを何よりも望んでいた。そして、自分のチームに十分な実力が備わっていることも知っていた。だからこそ、2大会連続の銅メダルは悔しいだけではなく、パリ2024で「最も輝くメダル」を手に入れるために、彼をより一層ハングリーにさせる結果だった。