ドワイト・ハワード : 2008年のリディームチームへの参加は夢のようだった

ドワイト・ハワード : 2008年のリディームチームへの参加は夢のようだった

リディームチームの最年少メンバーだったドワイト・ハワードは、先発センターとしてその価値を十二分に証明してみせた。この大会でハワードは、平均10.9得点、5.8リバウンドと、存分に持てる力を発揮した。「オリンピックに出場できたことは、まさに夢のような出来事だった。あの場にいて、自分が見て育った多くの人々に会えて、人生最高の時間を過ごしたよ」と彼は語る。レブロン・ジェームズとドウェイン・ウェイドが製作総指揮を務め、2008年の北京オリンピック男子バスケットボールのアメリカ代表が金メダルを獲得するまでを描いたドキュメンタリー映画は、Netflixで10月7日から全世界で独占配信されている。

ドワイト・ハワード : 2008年のリディームチームへの参加は夢のようだった

リディームチームの最年少メンバーだったドワイト・ハワードは、先発センターとしてその価値を十二分に証明してみせた。この大会でハワードは、平均10.9得点、5.8リバウンドと、存分に持てる力を発揮した。「オリンピックに出場できたことは、まさに夢のような出来事だった。あの場にいて、自分が見て育った多くの人々に会えて、人生最高の時間を過ごしたよ」と彼は語る。レブロン・ジェームズとドウェイン・ウェイドが製作総指揮を務め、2008年の北京オリンピック男子バスケットボールのアメリカ代表が金メダルを獲得するまでを描いたドキュメンタリー映画は、Netflixで10月7日から全世界で独占配信されている。