競泳

萩野公介が内定、優勝は瀬戸大也…男子200m個人メドレー|ジャパンスイム

Tokyo 2020(東京五輪)日本代表選考会を兼ねる第97回日本選手権水泳競技大会・競泳競技「ジャパンスイム2021」が4月8日に競技6日目、男子200m個人メドレーが行われた。優勝は1分57秒41の瀬戸大也。萩野公介は0秒02秒差の2位となるも派遣標準記録を突破し、瀬戸とともに日本代表に内定をつかんだ。