平野歩夢 独占インタビュー: トップが孤独な理由

平野歩夢 独占インタビュー: トップが孤独な理由

2021年、ハーフパイプ競技史上初のトリプルコークを着地させたスタースノーボーダー、平野歩夢。北京2022で、23歳の彼は日本人選手として初めてスノーボードでオリンピック金メダル、さらに日本人選手として冬季大会3大会連続でメダルを獲得した。しかし、頂点への道のりは孤独だった。「スノーボードのエリートになるための練習は、すべて孤独な作業です」と平野は言う。「僕たちは、自分の身を危険にさらす世界で生きています。トップは2人ではなく1人しかなれない。トリックのレベルもどんどん上がっていて、昔は致命傷を負いかねないと言われていたトリプルコークのようなトリックも可能になっています」

平野歩夢 独占インタビュー: トップが孤独な理由

2021年、ハーフパイプ競技史上初のトリプルコークを着地させたスタースノーボーダー、平野歩夢。北京2022で、23歳の彼は日本人選手として初めてスノーボードでオリンピック金メダル、さらに日本人選手として冬季大会3大会連続でメダルを獲得した。しかし、頂点への道のりは孤独だった。「スノーボードのエリートになるための練習は、すべて孤独な作業です」と平野は言う。「僕たちは、自分の身を危険にさらす世界で生きています。トップは2人ではなく1人しかなれない。トリックのレベルもどんどん上がっていて、昔は致命傷を負いかねないと言われていたトリプルコークのようなトリックも可能になっています」