水球
  • オリンピック新競技
    パリ1900
  • 最多金メダル
    ハンガリー
詳細

水球 スポットライト

東京2020のベストシーン

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、水球関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

水球

荒れた始まり

水球は激しいスポーツですが、始まったばかりの頃はもっと荒々しい競技でした。選手同士の喧嘩は当たり前のように行われ、ニューヨーク出身のハロルド・リーダーは1897年、水球の暴力的な傾向を抑制するために、アメリカルールを制定しました。

競技名

考案された当初は、選手たちは馬を模したような樽の上に乗り、木槌のような棒でボールを動かしていました。これが馬術のポロに似ていることから、ウォーターポロ(Water Polo/水球)という呼び名が付けられました。アメリカでは、空の膀胱を利用して作ったボールが使われたことから、「ソフトボール・ウォーターポロ」と呼ばれていました。

現在の競技

水球は、ヨーロッパとアメリカで別々のスポーツとして発展しました。最終的には、速くて危険性の少ないヨーロッパスタイルが主流となり、現在では世界共通の競技形態となっています。試合は7人制、8分×4ピリオドで行われます。